このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Discography

ディスコグラフィー

ディスコグラフィートップに戻る

CD Albums 音標~Voice to Voice~

IOCD-20301

  1. リメンバー

    一) あー 今も響きつづける
       あの歌 あの日のメロディー

          抱きあいながら 感じてた別れ
          狭い部屋のすみ
          古いラヂオに流れてた歌が
          思い出に変わる頃

        Remember 忘れてたはずの
        Remember 記憶は消しゴムじゃ
        消せないものを心の奥に
        残してた あの日の歌に

        あー 今も響きつづける
        あの歌 あの日のメロディー

     二)   さくらの下で ふざけてたあの日
          アルバムに残る
          君の写真は変わらない笑顔
          制服の匂いまで

        Remember 忘れてたはずの
        Remember 記憶は消しゴムじゃ
        消せないものを心の奥に
        残してた あの日の歌に

        Remember 忘れてたはずの
        Remember 記憶は消しゴムじゃ
        消せないものを心の奥に
        残してた あの日の歌に

        あー 今も響きつづける
        あの歌 あの日のメロディー

  2. 涙はyes

    一) 涙はyes ココロのyes
       流したら 空を見上げ

       涙はyes 体のyes
       流したら 生まれ変わる

       愛されていた 抱きしめられていた
       想い出を 閉じ込めないで

       涙はyes ココロのyes
       だからもう 笑顔をみせて

    二) 瞳はyes 涙はyes
       流したら 虹が見える

       瞳はyes 涙はyes
       流したら 歩き出せる

       雨が上がれば 陽ざしを抱きしめて
       歩き出す 明日の君が

       涙はyes ココロのyes
       だからもう とまどわないで

       涙はyes ココロのyes
       だからもう とまどわないで

       涙はyes ココロのyes
       だからもう 笑顔をみせて

  3. G・クレフ

    君が愛した あの歌も
    君が見つめた あの空も

    何も変わらないように
    僕には見えるけれど

    君が残した スコアには
    君がしるした 音がある

    ギターなぞり続けたら
    気付いた君のメッセージ

    叫び出す魂が
    僕を引き裂いて
    涙があふれてくる  Yea Yea Yea Yea

    愛を伝える G・クレフ
    踊る五線を超えてゆく

    歌おう 声を重ねたら
    うず巻く 命になる

    叫び出す魂が
    僕を引き裂いて
    涙があふれてくる  Yea Yea Yea Yea

    愛を伝える G・クレフ
    踊る五線を超えてゆく

    歌おう 声を重ねたら
    うず巻く 命になる

  4. 咲きほこる花のように

       あー君をただ見つめてる
       咲きほこる花のように
       あー君に寄り添いながら
       咲きほこる花のように

    一) あの日見ていた 空は続いてる
       雨も風も嵐の日も

       あの日あの時 あの瞬間が
       もしもなかったらどうだろう

       君と逢えたから 僕はここにいて
       こうして生きてるアリガトウ アリガトウ!!

       あー君をただ見つめてる
       咲きほこる花のように
       あー君に寄り添いながら
       咲きほこる花のように

    二) 同じ時代の 同じこの時を
       一緒に生きてる 奇跡を

       涙と笑顔 そして歌声
       ココロが震える その理由(わけ)

       君と逢えたから 僕はここにいて
       こうして生きてるアリガトウ アリガトウ!!

       あー君をただ見つめてる
       咲きほこる花のように
       あー君に寄り添いながら
       咲きほこる花のように

       あー君をただ見つめてる
       咲きほこる花のように
       あー君に寄り添いながら
       咲きほこる花のように

  5. ひまわり

    一) 君の声が 心に響くから
       僕はこうして 笑顔になる
       君が寄り添う 僕はただ目を閉じる
       そして感じる 君がいること

         そう、息をしている僕に
         初めて気付いてる
         そう、息をしている君を
         うれしいと思った・・・今

    二) 僕の声は いつも届かなくて
       ひとりぼっちと 感じていた
       君が寄り添う そのぬくもりの中で
       春の陽だまり 思い出した

         そう、息をしている僕に
         初めて気付いてる
         そう、息をしている君を
         うれしいと思った・・・今

       君とふたりで 見上げた青空が
       とてもまぶしくて 涙流れた・・・朝

  6. ホタル

    一) 縁側に まよい込んだ
       ホタルをじっと 見つめてた

       儚げな 光だけが
       草の露 てらしている

       この家で 暮らしてきた
       やさしさに 包まれてた

       やがて来る 別れの時
       ほほえみで 迎えたい

       今までに ありがとうを
       かけがえのない日々を
       この私 生んでくれた
       そのことに ありがとう

    二) さし出した 団扇(うちわ)の柄に
       ホタルがそっと 光ってる

       儚げな そのいのち
       見つめてる このいのち

       今までに ありがとうを
       かけがえのない日々を
       この私 生んでくれた
       そのことに ありがとう

       この家で 泣き笑い
       この家で重ねてきた
       あなたへの この思い
       抱きしめてすごす夜

       縁側に まよい込んだ
       ホタルをじっと 見つめてる
       儚げな その命
       見つめてる この命

  7. 星標(ほししるべ)

    一) 星達はめぐりて まわる運命(さだめ)の中
       永遠(とわ)に変らぬもの それを標(しるべ)と呼ぶ

        幾億の時空(とき)を超えて
         星がつたえること
        人はなぜに空見上げ
        心 ふるえるのか

        嗚呼 影は響き
        光は声になり
        うたがうまれる時
        命は黄泉(よみ)がえる

    二) 古丹(こたん)の笛の声(ね)は 土がめざめる時
       かがり火は朱(あか)々(あか) 水の命をさそう

        幾億の風が運び
        いのち生かされてる
        人はなぜに空見上げ
        涙 流れるのか

        嗚呼 影は響き
        光は声になり
        うたがうまれる時
        命は黄泉(よみ)がえる

        嗚呼 影は響き
        光は声になり
        うたがうまれる時
        命は黄泉(よみ)がえる

        うたがうまれる時
        煌(きらめ)く星標(ほししるべ)

  8. 弓の月

    一) 弓月の下を 人は流れて
       糸を重ねる 月の夜は花の中

    二) 酒に酔いながら 弓にたくした
       ふるえる思いは 千々(ちぢ)に乱れるだけ

         ハイヤー ハイヤー
         遥かな ふるさとよ
         ハイヤー ハイヤー
         とどけ 君の胸に

    三) 山の端(は)にかかる 眉月(まゆづき)の色
       君はあの場所で 今も待つのだろうか

    四) おくれ毛に触れる 風になれたら
       淡い宵(よい)の夢 朧(おぼろ)の恋唄よ

         ハイヤー ハイヤー
         遥かな ふるさとよ
         ハイヤー ハイヤー
         とどけ 君の胸に

    五) 弓月に生まれ 音に抱かれる
       恋も命も すべては唄の中

  9. 魁 -さきがけ-

     嗚呼 海を渡る声が聴こえますか
     嗚呼 空に響く声が聴こえますか

    一) 魁はかおり 魁は道に
       ゆれる静かな 陽炎

       星に抱かれた旅人の願いは
       命より確かなものを伝えること
       時を超えて今 響き続けるのは
       風によりそう 花の花の心

     嗚呼 海を渡る声が聴こえますか
     嗚呼 空に響く声が聴こえますか

    二) 魁はしじま 魁は風が
       明日を伝える 極光(オーロラ)

       夜明けの前の深い闇の中で
       閉ざされた瞳をこらして見つめる
       やがて一筋 描き出す光は
       道を支える 石の 石の姿

     嗚呼 海を渡る声が聴こえますか
     嗚呼 空に響く声が聴こえますか

     嗚呼 海を渡る声が聴こえますか
     嗚呼 空に響く声が聴こえますか

  10. さようならば

    一) さようならば 今
       別れん君と
       名残りは尽きねど
       この手を離さん

         出逢いて打ちとけし
        こころとこころ
        君を忘れじと
        無事を祈るだけ

    二) 月日を重ねた
       無為なる日々を
       悔やむことなかれと
       ほほえみは語る

        出逢いて打ちとけし
        こころとこころ
        君を忘れじと
        今は別れゆく

       嵐に散る花に
       芽吹く緑に
       去年(こぞ)の雪にも
       君を重ねつつ

       さようならば   さようならば・・・・・・
       さようならば   さようならば・・・・・・

  11. GOING HOME

    一) GOING HOME “お帰りなさい”
         その声を聴きたくて
       GOING HOME まだ忘れない
         あの日のあなたの声

         駅のホームのベンチ
         一人で見上げた空に
         雲が流れて 涙こぼれた

        振り返らないで 駆けぬけて来たこの道を
        今こうして 歩き始めてる GOING HOME

    二) GOING HOME 夕陽の中で
         つないだ手のぬくもり
       GOING HOME 旅立ちの朝
         背中で許してくれた

          やさしさって何だろう
          考え続けた街の
          空にあの日の雲を見つけた

        振り返らないで 駆けぬけて来たこの道を
        今こうして歩き始めてる GOING HOME

          過ぎた日々は戻らない
          だからこそ いとおしくて
          心ひらいたままで 両手ひろげて GOING HOME
          (GOING HOME)

        夢を抱きしめ あなたを抱きしめる為に
        今この道を 歩き始めてる GOING HOME

        夢を抱きしめ あなたを抱きしめる為に
        今この道を 歩き始めてる GOING HOME

  12. 100年ラブソング

    一) 聞こえてる 100年過ぎても きっと
       世界のどこかで 聴こえる

       その歌は 命の種を抱きしめ
       ふりそそぐ 水になる

       いつか誰かが 気付く その時
       光の花が咲くだろう

       恋人よ 口づけの中で 眠れ
       その歌に包まれて 眠れ

    二) 聞こえてる 100年過ぎても きっと
       ココロひらけば 聴こえる

       その歌が 伝える命 それは
       目には見えない 真実

       いつか誰かが 気付くその時
       波がやさしく ほほえむ

       恋人よ 口づけの中で 眠れ
       その歌につつまれて 眠れ

       恋人よ 口づけの中で 眠れ
       その歌につつまれて 眠れ

  13. マーキュリー (Mercury)

    一) 遠い街と街で 見上げてたあの空に
       夜明けと夕暮れに 輝く星
       2つの道はただ ぶつかっては寄り添い
       風を抱きしめて 動き始めた

         ひとりひとりがやがて2人に
         2人はやがて1つの星の名前で呼ばれていた

        それはマーキュリー マーキュリー
        宵の星と夜明けの星だよ
        それはマーキュリー マーキュリー
        違う名前の1つの星

    二) 水の星に生まれ 光に包まれていた
       出逢えた人達を 愛していたい
       炎は胸の中 心さえ焼きつくし
       裸で生きている 人でありたい

         ひとりひとりがやがて2人に
         2人はやがて1つの星の名前で呼ばれていた

         だからマーキュリー マーキュリー
         影は光に 光は影になる
         だからマーキュリー マーキュリー
         違う名前の1つの星

         それはマーキュリー マーキュリー
         宵の星と夜明けの星だよ
         それはマーキュリー マーキュリー
         違う名前の1つの星

         だからマーキュリー マーキュリー
         影は光に 光は影になる
         だからマーキュリー マーキュリー
         違う名前の1つの星

  14. サライ -若大将50年ver.-

    一) 遠い夢 すてきれずに 故郷をすてた
       穏やかな 春の陽射しが ゆれる 小さな駅舎
       別離より 悲しみより 憧憬はつよく
       淋しさと 背中あわせの ひとりきりの 旅立ち

       動き始めた 汽車の窓辺を
       流れてゆく 景色だけを じっと見ていた
       サクラ吹雪の サライの空は
       哀しい程 青く澄んで 胸が震えた

    二) 恋をして 恋に破れ 眠れずに過ごす
       アパートの 窓ガラス越し 見てた 夜空の星
       この街で 夢追うなら もう少し強く
       ならなけりゃ 時の流れに 負けてしまいそうで

       動き始めた 朝の街角
       人の群れに 埋もれながら 空を見上げた
       サクラ吹雪の サライの空へ
       流れてゆく 白い雲に 胸が震えた

    三) 離れれば 離れる程 なおさらにつのる
       この想い 忘れられずに ひらく 古いアルバム
       若い日の 父と母に 包まれて過ぎた
       やわらかな 日々の暮らしを なぞりながら生きる

       まぶたとじれば 浮かぶ景色が
       迷いながら いつか帰る 愛の故郷
       サクラ吹雪の サライの空へ
       いつか帰る その時まで 夢はすてない

       まぶたとじれば 浮かぶ景色が
       迷いながら いつか帰る 愛の故郷
       サクラ吹雪の サライの空へ
       いつか帰る いつか帰る きっと帰るから

ディスコグラフィートップに戻る

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る