このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Discography

ディスコグラフィー

ディスコグラフィートップに戻る

CD Albums オリオン13

IOCD-20208

  1. 旗を立てる

    We can say yes ココロひらいて 
    We can say yes 走れ 今 

    待つのはもう 止めよう 
    叫び始めよう 
    長くとざした 言葉を 
    開いたココロから 
    思いが溢れる 
    涙を笑顔に 変えよう 

    流れる水は
    イシを巻き上げ
    その力は 壁をくずし
    希望に変わる

    We can say yes ココロひらいて
    We can say yes 走れ 今

    ソラを超えて響け まだ見ぬ明日へ
    風を起こして 歌おう
    開いたココロから  
    命が溢れる
    涙を笑顔に 変えよう

    旗を立てよう 
    ひるがえる旗を
    その力は 壁をくずし
    希望に変わる

    We can say yes ココロひらいて
    We can say yes 走れ 今

  2. オリオン13

    渦巻く星空を 両手で抱きしめたら 
    気づきはじめる 秘密の鍵に 
    13の扉は ココロが知っている 
    笑顔とともに ひらきはじめる 

    水の星に生まれ 火を見付けた僕等 
    土を踏みしめ 風をつかもう 

    オリオンにとどけと 響く歌はやがて
    光になり 倍音になる
    オリオンにとどけと 響く歌はやがて
    ソラを突き抜け 闇を切り裂く
    光にかわる

    不思議なものはない 時間を解き放てば
    気づきはじめる 秘密の鍵に
    13の扉は 星達の音の色
    身体の中に 息づいている

    瞳は知っている 虹が丸いことを
    7つの色は 扉を開く

    オリオンにとどけと 響く歌はやがて
    光になり 倍音になる
    オリオンにとどけと 響く歌はやがて
    ソラを突き抜け 闇を切り裂く
    光にかわる

    オリオンにとどけと 響く歌はやがて
    光になり 倍音になる
    オリオンにとどけと 響く歌はやがて
    ソラを突き抜け 闇を切り裂く
    光にかわる

  3. ミクロのテーマ

    Raise your hands and clap 
    Raise your hands and clap 
    Raise your hands and clap 
    Raise your hands and clap 

    にげない あきらめない とらわれない 
    ごまかさない ひらきなおらない 
    にげない あきらめない とらわれない 
    ごまかさない ひらきなおらない 

    逢いたい時にはいつだって 思い出してくれ
    どんなに離れていても かまわない
    逢いたい時にはいつだって 僕がいるからね
    思い出したらいつだって そばにいるよ

    泣いたりしたことや 笑ったりしたことは
    心の箱の中つまってる さあ開けよう 開けよう

    Raise your hands and clap
    Raise your hands and clap
    Raise your hands and clap
    Raise your hands and clap

    にげない あきらめない とらわれない
    ごまかさない ひらきなおらない
    にげない あきらめない とらわれない
    ごまかさない ひらきなおらない

    この世に生まれてきたことが 奇跡なんだよね
    ミクロの確率さえも越えてきた
    この世に生まれてきたことが すべての始まり
    「ありがとう」の笑顔だけは 失くさないで

    泣いたりしたことや 笑ったりしたことは
    心の箱の中つまってる さあ開けよう 開けよう

    にげない あきらめない とらわれない
    ごまかさない ひらきなおらない
    にげない あきらめない とらわれない
    ごまかさない ひらきなおらない

    Raise your hands and clap
    Raise your hands and clap
    Raise your hands and clap
    Raise your hands and clap

  4. イリス

    アイを忘れて さまよう街 
    アイを忘れて さまよう心 
    アイを失くして ながす涙 
    アイを失くして ふるえる心 

    Once in my life 
    Once in my life 
    変わらない 何か ずっと捜してる 

    まばたきのように 時は行く
    僕を置き去りにして
    まばたきの裏に 残るアイ
    さかさまに映る イリス

    アイを開いて みつめる街
    アイを開いて うなずく心
    アイを感じて ながす涙
    アイを感じて ふるえる心

    Once in my life
    Once in my life
    変わらない何か ずっと捜してる

    風のない丘に 咲く彩目
    ゲーテの女神は 虹
    青から赤へと つなぐアイ
    さかさまに映る イリス

    Once in my life
    Once in my life
    変わらない何か ずっと捜してる

    夜明けと夕暮れに 響く鐘
    目覚める 鏡の中
    青から赤へと つなぐアイ
    紫にゆれる イリス

  5. わかれの詩

    初恋 親友 文化祭 放課後 いわし雲 卒業式 
    制服 絶交 ブラスバンド 約束 クリスマス 駅のホーム 

    今の私の箱につめた きっと消えないものばかり 
    静かに流れる ショパンの調べ 
    部屋の整理を 終えた淋しさ 
    明日私は 嫁いで行きます 

    目覚まし トースト 改札口 ブランコ 風鈴 花火の色
    Tシャツ 踏み切り 家族の顔 坂道 日記帳 一人の旅p>今の私の箱につめた きっと消えないものばかり
    静かに流れる ショパンの調べ
    紅茶ひと口 涙溢れる
    明日私は 嫁いで行きます

    今まで私を包んでくれた
    すべてに感謝します
    さようならは言いません ただひとことだけ
    行ってきます みんな 元気で

    今の私の箱につめた きっと消えないものばかり
    静かに流れる ショパンの調べ
    本の栞に 感謝を込めて
    明日私は 嫁いで行きます

    初恋 親友 文化祭 放課後 いわし雲 卒業式
    制服 絶交 ブラスバンド 約束 クリスマス 駅のホーム
    目覚まし トースト 改札口 ブランコ 風鈴 花火の色
    Tシャツ 踏み切り 家族の顔 坂道 日記帳 一人の旅

  6. さくら

    泣きぬれた星の夜も  夕暮れの坂道も 
    夢破れ歩く町も  みんな消えて 

    気が付けば  またここにいる 
    想い出のこの場所 
    あの人と見上げていた 
    一面の薄紅色 

    さくらはまた 今年も咲いた
    人の痛みを包み込むように
    さくらはただ 咲く為に散る
    ただ咲く為に風に散る

    生きてゆく意味教えて  誰か教えてほしい
    さよならが人生なら  私は何

    気が付けば  またここにいる
    想い出のこの場所
    あの人と見上げていた
    一面の薄紅色

    さくらはまた 今年も咲いた
    人の痛みを包み込むように
    さくらはただ 咲く為に散る
    ただ咲く為に風に散る

    さくらさくら 無常の道に
    風を抱きしめひたすら揺れる
    さくらさくら 香りと色を
    空に残して風に散る

  7. ココロノジカン

    あー逢いたくて 君に逢いたくて 
    誰も知らない場所へ 遠い遠い場所へ 
    あー逢いたくて 君に逢いたくて 
    ココロの声を聞いた 夜明けの汽車にのった 

    街が途切れてゆく 涙うすれてゆく 
    景色流れてゆく 僕が流れてゆく 

    風の中で君は 僕を待つのだろか
    やわらかなその手で抱いてくれるのだろうか

    あー逢いたくて 君に逢いたくて
    日々の暮らしの中で僕は迷っていた
    あー逢いたくて 君に逢いたくて
    僕は僕に戻ろう 厚い上着脱いで

    ひとつ過ぎる駅は 僕の昨日のこと
    そして向かう駅は 僕の明日のこと

    風の中で君は 僕を待つのだろか
    やわらかなその手で抱いてくれるのだろうか

    君に向かう旅が 僕を戻してゆく
    僕は僕でいようココロのカタチのまま

    風の中で君は 僕を待つのだろか
    やわらかなその手で抱いてくれるのだろうか

  8. 風の暦

    風に寄り添い 母が暮らした街は 
    影もやさしく 背中押してくれます 
    光に抱かれ この道を抜ければ 
    きっとあの日の 自分に出逢えるはず 

    ああ あの日抱かれて見た 
    あの海の色は 
    こんなにも胸にしみる 
    深い青なんですね・・・
    指きりをしたくて誰かをさがしてた
    遠い夢のつづき すべては風の中
    遠い夢のつづき すべては風の中

    夕陽の赤と星達の歌声
    遠いざわめき 縁日の色どり
    後姿に ときめいた初恋
    秘めた約束 淡い心のいたみ

    ああ いつも見つめていた
    あの空の色は
    こんなにも胸にしみる
    深い青なんですね
    指きりをしたまま あなたと歩き出す
    遠い夢のつづき 答えは風の中
    遠い夢のつづき 答えは風の中

    ああ いつか空と海が
    交わるところへ
    流れゆく雲を追いかけ
    遠く遥か遠くへ・・・
    指きりは二人の暦をめくる風
    いつか辿り着ける 心の故郷へ
    いつか辿り着ける 心の故郷へ

  9. 汽車の窓辺に 寄り添う人を 
    遠くから見つめてる 声もかけないまま 
    張り裂ける胸 抱きしめながら 
    死ぬことの代わりにも 人は旅をする 

    永遠に 散ることのない 花を 
    人は 愛してくれるでしょうか 
    やさしい雨に 打たれて落ちる 
    儚さ故 人は愛するのでしょう 

    惜別の 時心静かに
    振り返るその肩に やさしい春の雨
    ほほを流れる 涙こらえず
    思い出の尽きるまで 佇めばいい

    永遠に 散ることのない 花を
    人は 愛してくれるでしょうか
    やさしい雨に 打たれて落ちる
    儚さ故 人は愛するのでしょう

    花は花よ ひたすら咲く  花は花よ ひたすらに舞う
    花は花よ ひたすら咲く  花は花よ ひたすらに散る

    花は花よ ひたすら咲く  花は花よ ひたすらに舞う
    花は花よ ひたすら咲く  花は花よ ひたすらに散る

    花は花よ ひたすら咲く  花は花よ ひたすらに舞う
    花は花よ ひたすら咲く  花は花よ ひたすらに散る

    花は花よ ひたすら咲く  花は花よ ひたすらに舞う
    花は花よ ひたすら咲く  花は花よ ひたすらに散る

  10. 睡蓮

    睡蓮の花ひらく 月の光の意味を 
    誰かに伝えるため 白い花咲かす 

    胸に手をあてて 鼓動を聞いてる 
    それは強く儚い 命のリズム 

    睡蓮の花ひらく 月の光の意味を 
    誰かに伝えるため 白い花咲かす 

    生きてゆくことは 死へと向うこと
    そして矛盾とともに 心開く

    睡蓮の花ひらく 月の光を浴びて
    無常の風の中で 命ただ咲かす

    睡蓮の花ひらく 静かにただひらく
    睡蓮の花うたう 月の夜に うたう

  11. Heart in Heart

    愛をさがしてたんだ 夜明け前の街角で 
    ひとりきり 空を見上げてた 
    夢をさがしてたんだ 人の海に溺れて 
    ひとりきり 歌をさがしてた 

    ビルのすき間から 太陽が少し見えた 
    見慣れた影の 君がそこにいた 

    I wanna say Heart in Heart
    理屈じゃなく 感じるそれだけで
    笑顔に変わる
    Heart in Heart 今ここから
    何かを始めよう 君と so Heart in Heart

    器用になれなくて うつむいてた毎日
    ひとりきり ギター弾いていた
    音をさがしてたんだ ココロをひらく音を
    ひとりきり 歌と話してた

    真昼の坂道 ゆっくりと歩き出そう
    生まれた歌を 君に伝えよう

    I wanna say Heart in Heart
    理屈じゃなく 感じるそれだけで
    笑顔に変わる
    Heart in Heart 今ここから
    何かを始めよう 君と so Heart in Heart

  12. ココロツタエ

    月は西の空に 星達は目醒める
    おだやかな眠りの後に 美しい夜明けを待つ
    人はゆらぎの中 ただようその意味は
    不確かなアイを伝える 言の葉を持つゆえに

    嗚呼 生まれ 生きて 生かされて伝える
    人は小さく されども熱き 命を歌う旅人
    ココロツタエの声は歌に変わり
    風に運ばれ海を越え
    遥かな道になる

    木々は緑の中 朝靄に包まれ
    鳥達は翼休めて 渡る時の風を待つ
    人はゆらぎの中 とまどうその意味は
    ささやかな歓び忘れ 走り続けるゆえに

    嗚呼 生まれ 生きて 生かされて伝える
    人は小さく されども熱き 命を歌う旅人
    ココロツタエの声は歌に変わり
    風に運ばれ海を越え
    遥かな道になる

    ココロツタエの声は歌に変わり
    風に運ばれ海を越え
    遥かな道になる

    風に運ばれ海を越え
    遥かな道になる

  13. River of Life

    河を見つめて 見つめられて 
    人を見つめて 見つめられて 
    花を浮かべて ほほえむように 
    星に命を 戻せるように 

    時の流れに 溺れぬように 
    水に生かされ 大地に生きる 

    深い河は 静かに流れて
    時の歩みに 呼吸をあわせて
    光を集め 輝きながら
    天の川へと 流れはじめる

    父のココロを 縦糸として
    母のイノチを 横糸にして
    織り上げられた 人は小さな
    希望伝える 明日への翼

    時の流れに 命あずけて
    水に生かされ 大地に生きる

    深い河は 静かに流れて
    時の歩みに 呼吸をあわせて
    命はやがて 光にかわり
    天の川へと 流れはじめる

    時の流れに 命あずけて
    水に生かされ 大地に生きる

    深い河は 静かに流れて
    時の歩みに 呼吸をあわせて
    命はやがて 光にかわり
    天の川へと 流れはじめる

    命はやがて 光にかわり
    天の川へと 流れはじめる

ディスコグラフィートップに戻る

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る