このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Discography

ディスコグラフィー

ディスコグラフィートップに戻る

CD Albums 21世紀BEST OF THE RED1972→`81

PCCA-01081

  1. 明日への讃歌

     誰も知らない 花のように
     あなたのために 生まれた私
     嘘で飾った 青春は 今日をかぎりに忘れよう
    ※明日から私は一人じゃないの
     短く苦しい人生だって
     あなたとならば悔やみはしない
     アー・アー・アー・アー・アー

     羽根をなくした 鳥のように
     涙で青空 見ていた私
     さよならだけの青春は 今日をかぎりに忘れよう
     明日から私は一人じゃないの
     短く苦しい人生だって
     あなたとならば悔やみはしない
     アー・アー・アー・アー・アー

     雨に打たれて 咲いている
     名もない花を 信じたい
     生きてることの 幸せは 誰かを信じて歩くこと
     明日から私は一人じゃないの
     短く苦しい人生だって
     あなたとならば悔やみはしない
     アー・アー・アー・アー・アー

    ※繰り返し

  2. 冬の稲妻

    あなたは 稲妻のように
    私の心を 引き裂いた
    蒼ざめた心 ふるわせて
    立ちつくすひとり 立ちつくす
    You're rollin thunder 突然すぎた
    You're rollin thunder 別れの言葉
    忘れない あなたが残していった
    傷跡だけは・・・

    あなたは 稲妻のように
    私の体を 突き抜けた
    燃え尽きた体 抱きしめて
    駆け抜ける一人 雨の中
    You're rollin thunder 突然すぎた
    You're rollin thunder 別れの言葉
    忘れない あなたが残していった
    傷跡だけは・・・
    忘れない あなたが残していった
    傷跡だけは・・・<
    あなたは 稲妻のように
    私の心を 引き裂いた
    蒼ざめた心 ふるわせて
    立ちつくすひとり 立ちつくす

  3. チャンピオン

    つかみかけた 熱い腕を
    振りほどいて 君は出てゆく
    わずかに震える 白いガウンに君の
    年老いた 悲しみを見た
    リングに向かう 長い廊下で
    何故だか急に 君は立ち止まり
    ふりむきざまに 俺に こぶしを見せて
    寂しそうに 笑った

    やがてリングと拍手の渦が
    一人の男をのみこんで行った
    (You're King of Kings)
    立ち上がれ もう一度その足で
    立ち上がれ 命の炎を燃やせ

    君はついに立ち上がった
    血に染まった赤いマットに
    わずかに聞いた君の両目に光る
    涙が 何かを語った

    獣のように 挑戦者は
    おそいかかる 若い力で
    やがて君は 静かに倒れて落ちた
    疲れて眠れるように
    わずかばかりの意識の中で
    君は何を考えたのか
    (You're King of Kings)
    立たないで もうそれで充分だ
    おお神よ 彼を救いたまえ

    ロッカールームの ベンチで君は
    きれたくちびるで そっとつぶやいた
    (You're King of Kings)

    帰れるんだ これでただの男に
    帰れるんだ これで帰れるんだ

    Oh ライ ラ ライ ラ ライ ラ ライ

  4. 今はもうだれも

    今はもうだれも 愛したくないの
    何もかも無くした 今の僕に出来ること
    淋しさだけが じっとしている
    止めど流るる涙に
    ひとつひとつの 思いでだけが
    今はもうだれも 愛したくないの

    今はもうだれも 愛したくないの
    何もかも無くした そんな僕に出来ること
    愛されたくて そんな君に
    僕の中に悲しみだけが
    たった一つの 残りものなの
    今はもうだれも 愛したくないの

    愛されたくて みんな君に
    僕の中に悲しみだけが
    たった一つの 残りものなの
    今はもうだれも 愛したくないの
    愛したくないの 愛したくないの

  5. 遠くで汽笛を聞きながら

    悩み つづけた 日々が
    まるで 嘘のように
    忘れられる 時が
    来るまで 心を 閉じたまま
    暮らしてゆこう
    遠くで汽笛を聞きながら
    何もいいことが なかった この街で

    俺を 見捨てた 女を
    恨んで 生きるより
    幼い心に 秘めた
    むなしい 涙の 捨て場所を
    さがしてみたい
    遠くで汽笛を聞きながら
    何もいいことが なかった この街で

    せめて 一夜の 夢と
    泣いて 泣き明かして
    自分の 言葉に 嘘は
    つくまい 人を 裏切るまい
    生きてゆきたい
    遠くで汽笛を聞きながら
    何もいいことが なかった この街で

  6. ジョニーの子守唄

    束の間の淋しさ うずめるために
    君の歌声を 聞いていた
    せまいホールの壁に もたれて
    君の動きを 追いかけていた

    飛び散る汗と 煙の中に
    あの頃の 俺がいた
    オーオージョニー 君は今
    オージョニー   どこにいるのか

    時間つぶしの 店の片隅
    ふと聞こえてきた 君の唄
    コーヒーカップを 持つ手がふいに
    振るえだしたのが 恥ずかしくて
    子供ができた 今でさえ
    あの頃は 忘れない
    オー ジョニー 君だけが
    オー ジョニー 俺の想い出

    風の噂で 聞いたけど
    君はまだ 燃えていると
    オー ジョニー それだけが
    オー ジョニー ただうれしくて

  7. 狂った果実

    ひとしきり肩濡らした 冬の雨
    泥をはねて 行きすぎる車
    追いかけて ケンカでもしてみたら
    少しぐらい心もまぎれる

    狂った果実には 青空は似合わない
    家を出た あの時の 母のふるえる声は
    今でも 耳に響いてる 低く高く

    ポケットで 折れていた ハイライト
    おかしくて 吸う気にも なれず
    かじりかけのリンゴをただ おもいっきり
    投げつける 都会の闇に

    許してくれなんて 言えない 今の俺には
    ナイフ捨てたこの手で 回す ダイヤルの音
    せめて もう一度 きざみたい 声がある

    生まれてきた事を くやんでないけれど
    幸せに暮らすには 時代は冷たすぎた
    中途半端でなけりゃ 生きられない それが今

    狂った果実にも 見る夢はあるけれど
    どうせ 絵空事なら いっそだましてしまおう
    せめて この胸がさけるまで Silence Is Truth!

  8. 秋止符

    左ききのあなたの手紙
    右手でなぞって真似てみる
    いくら書いても埋めつくせない
    白紙の行がそこにある
    友情なんて呼べるほど
    綺麗事で済むような
    男と女じゃないことなど
    うすうす感じていたけれど

    あの夏の日がなかったら
    楽しい日々が続いたのに
    今年の秋は いつもの秋より
    長くなりそうな そんな気がして

    夢を両手に都会に出て
    何も掴めず帰るけど
    やさしさの扉を開ける鍵は
    眠れない夜が そっと教えた
    心も体も開きあい
    それから始まるものがある
    それを愛とは言わないけれど
    それを愛とは言えないけれど

    あの夏の日がなかったら
    楽しい日々が続いたのに
    今年の秋は いつもの秋より
    長くなりそうな そんな気がして

    春の嵐が来る前に
    暖かい風が吹く前に
    重いコートは脱ぎすてなければ
    歩けないような そんな気がして

  9. 帰らざる日々

    最後の電話を握りしめて
    何も話せずただじっと
    貴方の声を聞けば何もいらない
    いのちを飲みほして目を閉じる

    ※Bye,Bye,Bye 私の貴方
     Bye,Bye,Bye 私の心
     Bye,Bye,Bye 私の命
     Bye,Bye,Bye,Bye my love

    何か話さなきゃいけないわ
    わかっているけれど
    目の前を楽しい日々が
    ぐるぐるまわるだけ

    ※(Repeat)

    酒びたりの日も今日限り
    私は一人で死んでゆく
    この手の中の夢だけを
    じっと握りしめて

    ※(Repeat)

    貴方の声が遠ざかる
    こんなに安らかに
    夕暮れが近づいてくる
    私の人生の

    ※(Repeat)

  10. それぞれの秋

    陽溜まりの坂道に立ちどまり
    通りすぎる学生を見ていた
    俺もあの頃はあんなふうに
    きらきらと輝いて見えたろう
    授業にも出ずに お茶を飲みながら
    くだらない夢を話した
    突然おこった不精ひげのおまえも
    噂では苦労していると

    今も忘れられないのはあの時の言葉
    幸せになろうなんて思っちゃいけない

    愛した女ひとりと 苦労を共に出来たなら
    そんなささやかな人生も きっと悪くはない
    夢、散りじり夏はすぎ去り それぞれの秋

    たしか去年の初夏の頃
    届いた一通の手紙には
    旅好きなあいつのおふくろから
    痛々しいほどの細い文字
    ある雨の朝 見知らぬ町で
    自ら命を終えたと
    母に残した一行の言葉
    悲しみだけが人生

    今も忘れられないのは あいつの口ぐせ
    人は自分の死に場所を捜すために生きる

    ささやかに 生きている友達の
    人生とは 一体何んだろう
    あざやかに死んだ 友達の
    人生とは、一体何んだろう
    夢、散りじり夏はすぎ去り それぞれの秋

    今では二人の思い出も 忘れかけるほどの毎日
    ふと立ちどまる道端に 悲しいほど赤い落日

    夢、散りじり夏はすぎ去り それぞれの秋
    夢、散りじり夏はすぎ去り それぞれの秋

  11. マイ・ボーイ

    My Boy いつの日か この手を離れて
    大空に逃げてゆく時は 黙っておゆき
    My Boy さよならの言葉はいらない
    心のおもむくままに 駆けてゆけばいい

    おまえがこの世に生れた あの日の空は
    いつまでも 瞳の中にやきついて 消えないから

    My Boy ふしくれたこの手で 今おまえの
    そのほほに 触れておこう
    おまえが気付かぬうちに

    My Boy この胸の熱い高なりを
    おまえに伝える法はないけれど 感じておくれ
    My Boy この胸を力の限りに
    その足で蹴って飛び上がれ あの日のあの空へ

    私はおまえのためだけに 生きてはいない
    自分のために生きてそして 愛する人のために

    My Boy 傷つくことを恐れちゃいけない
    つらくなった時は この空の青さを信じればいい

    私がこの世に生れた その日の空を
    私の父もきっと忘れず 生きていたにちがいない

    My Boy いつの日か この手を離れて
    大空に逃げてゆく時は 黙っておゆき

    私がそうしたように 逃げておゆき

  12. 陽はまた昇る

    夢を削りながら 年老いてゆくことに
    気が付いた時 はじめて気付く空の青さに
    あの人に教えられた 無言のやさしさに
    今さらながら涙こぼれて 酔いつぶれたそんな夜

    陽はまた昇る どんな人の心にも
    あゝ 生きてるとは 燃えながら暮すこと

    冬晴れの空 流れる煙 風は北風
    鉢植えの紫蘭の花 朝の雨にうたれ
    息絶えだえに ただひたすらに遠い窓の外
    もしかして言わなければ 別離ずにすむものを
    それでも明日の貴方の為に あえて言おう 「さよなら」と

    陽はまた昇る どんな人の心にも
    あゝ 生きてるとは 燃えながら暮すこと

    春まだ遠く 哀しむ人よ 貴方を愛す

    陽はまた昇る どんな人の心にも
    あゝ 生きてるとは 燃えながら暮すこと

    春まだ遠く 哀しむ人よ 貴方を愛す
    春まだ遠く 哀しむ人よ 貴方を愛す

  13. 群青

    一)空を染めてゆく この雪が静かに
      海に積りて 波を凍らせる
      空を染めてゆく この雪が静かに
      海を眠らせ 貴方を眠らせる
      手折れば散る 薄紫の
      野辺に咲きたる 一輪の
      花に似て儚きは人の命か
      せめて海に散れ 想いが届かば
      せめて海に咲け 心の冬薔薇

    二)老いた足どりで 想いを巡らせ
      海に向いて 一人立たずめば
      我より先に逝く 不幸は許せど
      残りて哀しみを 抱く身のつらさよ
      君を背おい 歩いた日の
      ぬくもり背中に 消えかけて
      泣けと如く群青の海に降る雪
      砂に腹這いて 海の声を聞く
      待っていておくれ もうすぐ還るよ

      空を染めてゆく この雪が静かに
      海に積りて 波を凍らせる
      空を染めてゆく この雪が静かに
      海を眠らせて 貴方を眠らせる

  14. 昴-すばる-

    一)目を閉じて 何も見えず 哀しくて目を開ければ
      荒野に向かう道より 他に見えるものはなし

      ああ 砕け散る宿命の星たちよ
      せめて密やかに この身を照せよ

      我は行く 蒼白き頬のままで
      我は行く さらば昴よ

    二)呼吸をすれば胸の中 凩は吠き続ける
      されど我が胸は熱く 夢を追い続けるなり

      ああ さんざめく 名も無き星たちよ
      せめて鮮やかに その身を終われよ

      我も行く 心の命ずるままに
      我も行く さらば昴よ

      ああ いつの日か誰かがこの道を
      ああ いつの日か誰かがこの道を

      我は行く 蒼白き頬のままで
      我は行く さらば昴よ
      我は行く さらば昴よ

  15. 走っておいで恋人よ

    涙流し疲れたとき
    僕の腕のなかで
    静かに夢をみるんだよ
    すべてを忘れて
    ※顔は見ないさ はずかしいだろう
     永遠にあなたは そのままで
     そっとほほ寄せ 言ってみる
     すてきな恋人

    夢に破れ疲れたとき
    僕の胸のなかで
    心の傷をいやすのさ
    すべてを忘れて
    ※くりかえし

    生きてることに疲れたとき
    どこへも行かずに
    走っておいでよ真直ぐに
    すべてを忘れて
    ※くりかえし

ディスコグラフィートップに戻る

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る