このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Discography

ディスコグラフィー

ディスコグラフィートップに戻る

CD Albums CORAZON SPECIAL

PSCC-1055/6

Disc1

  1. メドレー:

    冬の稲妻~ジョニーの子守唄~君のひとみは10000ボルト~ジョニーの子守唄~夢去りし街角~秋止符

  2. 走っておいで恋人よ

    涙流し疲れたとき
    僕の腕のなかで
    静かに夢をみるんだよ
    すべてを忘れて
    ※顔は見ないさ はずかしいだろう
     永遠にあなたは そのままで
     そっとほほ寄せ 言ってみる
     すてきな恋人

    夢に破れ疲れたとき
    僕の胸のなかで
    心の傷をいやすのさ
    すべてを忘れて
    ※くりかえし

    生きてることに疲れたとき
    どこへも行かずに
    走っておいでよ真直ぐに
    すべてを忘れて
    ※くりかえし

  3. 愛の光

     日溜りをいつも避けながら
     今日まで歩いてきたの
     背中に太陽受けて
     今日まで歩いてきたの
     ビルの谷間に風が吹きぬけて
     心の炎は消えてしまったの
    ※だけど今は違う
     永遠に消えない光を
     私は見つけたの

     雨だれの音を聞きながら
     今日まで暮らしてきたの
     過ぎ去った誇りのなかで
     今日まで暮らしてきたの
     心のままに生きてきたことが
     いけないことだと思ってた
    ※ くりかえし

     それはあなた それはあなた それはあなた

     心のままに生きてきたことが
     いけないことだと思ってた
    ※ くりかえし

     それはあなた それはあなた それはあなた

  4. 明日への讃歌

     誰も知らない 花のように
     あなたのために 生まれた私
     嘘で飾った 青春は 今日をかぎりに忘れよう
    ※明日から私は一人じゃないの
     短く苦しい人生だって
     あなたとならば悔やみはしない
     アー・アー・アー・アー・アー

     羽根をなくした 鳥のように
     涙で青空 見ていた私
     さよならだけの青春は 今日をかぎりに忘れよう
     明日から私は一人じゃないの
     短く苦しい人生だって
     あなたとならば悔やみはしない
     アー・アー・アー・アー・アー

     雨に打たれて 咲いている
     名もない花を 信じたい
     生きてることの 幸せは 誰かを信じて歩くこと
     明日から私は一人じゃないの
     短く苦しい人生だって
     あなたとならば悔やみはしない
     アー・アー・アー・アー・アー

    ※繰り返し

  5. 青春時代

    美しすぎる人よ 君は 君は
    ぼくの手で涙をふいて 消えてゆく
    うしろ姿
    明りのとぎれた道にかくれて見えない君の
    遠ざかる靴音だけをじっと僕は聞いてた

    これが青春時代の甘い
    心の痛みの音か
    何かが終って そして何かが
    こわれて 落ちた ああ

    美しすぎた人よ 君は 君は
    くちづけの余韻の中で 泣いていた
    白い肩よ
    悲しくほほえむ君の うなじに乱れた髪の
    優しさに甘えて ぼくは 苦い夢をみていた

    あれが青春時代の匂い
    傷つく心の姿
    何かが終って そして何かが
    崩れて 消えた ああ

  6. おまえ

    木目の家具を探そうネ
    好みのあったコーヒーカップ
    明るいブルーにきめよう
    うれしそうに君はまた
    僕を横目でみつめてる
    ※そんな お前が
    とても、とても、とても
    ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ
    ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ
    やや小さ目のエクレアと
    アップルパイを買いました
    24歳の男が
    お菓子の箱を持てたのも
    きっと誰かのおかげだよ
    ※くりかえし

    結婚式の約束も
    まだはっきりとしちゃいない
    もちろん家もないけど
    夢はいつでも大きいと
    僕の背中で笑ってた
    ※ くりかえし

  7. 狂った果実

    ひとしきり肩濡らした 冬の雨
    泥をはねて 行きすぎる車
    追いかけて ケンカでもしてみたら
    少しぐらい心もまぎれる

    狂った果実には 青空は似合わない
    家を出た あの時の 母のふるえる声は
    今でも 耳に響いてる 低く高く

    ポケットで 折れていた ハイライト
    おかしくて 吸う気にも なれず
    かじりかけのリンゴをただ おもいっきり
    投げつける 都会の闇に

    許してくれなんて 言えない 今の俺には
    ナイフ捨てたこの手で 回す ダイヤルの音
    せめて もう一度 きざみたい 声がある

    生まれてきた事を くやんでないけれど
    幸せに暮らすには 時代は冷たすぎた
    中途半端でなけりゃ 生きられない それが今

    狂った果実にも 見る夢はあるけれど
    どうせ 絵空事なら いっそだましてしまおう
    せめて この胸がさけるまで Silence Is Truth!

  8. 遠くで汽笛を聞きながら

    悩み つづけた 日々が
    まるで 嘘のように
    忘れられる 時が
    来るまで 心を 閉じたまま
    暮らしてゆこう
    遠くで汽笛を聞きながら
    何もいいことが なかった この街で

    俺を 見捨てた 女を
    恨んで 生きるより
    幼い心に 秘めた
    むなしい 涙の 捨て場所を
    さがしてみたい
    遠くで汽笛を聞きながら
    何もいいことが なかった この街で

    せめて 一夜の 夢と
    泣いて 泣き明かして
    自分の 言葉に 嘘は
    つくまい 人を 裏切るまい
    生きてゆきたい
    遠くで汽笛を聞きながら
    何もいいことが なかった この街で

  9. チャンピオン

    つかみかけた 熱い腕を
    振りほどいて 君は出てゆく
    わずかに震える 白いガウンに君の
    年老いた 悲しみを見た
    リングに向かう 長い廊下で
    何故だか急に 君は立ち止まり
    ふりむきざまに 俺に こぶしを見せて
    寂しそうに 笑った

    やがてリングと拍手の渦が
    一人の男をのみこんで行った
    (You're King of Kings)
    立ち上がれ もう一度その足で
    立ち上がれ 命の炎を燃やせ

    君はついに立ち上がった
    血に染まった赤いマットに
    わずかに聞いた君の両目に光る
    涙が 何かを語った

    獣のように 挑戦者は
    おそいかかる 若い力で
    やがて君は 静かに倒れて落ちた
    疲れて眠れるように
    わずかばかりの意識の中で
    君は何を考えたのか
    (You're King of Kings)
    立たないで もうそれで充分だ
    おお神よ 彼を救いたまえ

    ロッカールームの ベンチで君は
    きれたくちびるで そっとつぶやいた
    (You're King of Kings)

    帰れるんだ これでただの男に
    帰れるんだ これで帰れるんだ

    Oh ライ ラ ライ ラ ライ ラ ライ

  10. 君を忘れない

    君の名前を書いてみた
    眠れない夜のらくがきや
    君の笑顔を浮かべては
    朝まで聞いた古いRADIO
    SAY GOOD-BYE
    スコールの中
    SAY GOOD-BYE
    駅のホームで 見慣れた街に
    ひとりつぶやく サヨナラ
    君を忘れない 遠くに行けば行くほどに
    君を忘れない 大人になるなんて淋しいね

    爪を噛むのがくせだった
    そして明るい笑い声も
    校舎の窓に肘を付き
    君の動きをいつも見てた
    SAY GOOD-BYE
    はじめてのキス
    SAY GOOD-BYE
    あの日と同じ 夏のスコール
    旅行鞄も 泣いてる

    君を忘れない 遠くに行けば行くほどに
    君を忘れない 大人になるなんて
    君を忘れない 遠くに行けば行くほどに
    君を忘れない 大人になるなんて淋しいね

Disc2

  1. 夏の二週間

    声が聞きたくて かけた電話に
    波音が響いたら きっと驚くでしょ
    はき慣れたハイヒール 脱いである日
    何も言わず 街を出たから
    あなたがわたしを わたしがあなたを
    振り返るための 夏の二週間
    恋は終わりねと いつか泣いたけど
    半分は本気

    とても悩んだわ なぜかあなたの
    仕草からこぼれてる 違う恋の気配
    これ以上切り出して 自分だけが
    傷つくのが恐かったから
    素肌を合わせて 分けあうやさしさ
    離れて見つける 夏の二週間
    イエスかノーかの 答えじゃないこと
    わかってる だけど

    あなたがわたしを
    わたしがあなたを
    思い出すための
    夏の二週間
    海岸の町の
    汐風にのせて
    愛してる あなた

  2. KISS

    重ねたくちびるから
    愛の氷が溶けてゆく の中
    ワインの甘い香りに 酔ったふりをしながら
    罠をしかけてるの わたし
    星の数ほど くれた言葉も
    一度のキスに 勝てはしないわ
    飾りたてても 言葉は言葉
    臆病者の言い訳なの
    もっと強く抱いて
    息を止めたまま

    いつでも感じていた
    見つめるだけでわかり合う 愛なんてない
    胸の鼓動を重ねて もっと触れて抱きしめて
    愛は動詞なのよ あなた
    星の数ほど くれた言葉も
    一度のキスに 勝てはしないわ
    飾りたてても 言葉は言葉
    臆病者の言い訳なの
    もっと酔わせてみて
    接吻の中で

    星の数ほど くれた言葉も
    一度のキスに 勝てはしないわ
    飾りたてても 言葉は言葉
    臆病者の言い訳なの
    もっと強く抱いて
    息を止めたまま

  3. 棘-とげ-

    見つめている 私の瞳に涙あふれて
    指先の煙草の灰が 別離の言葉
    捜してるみたいね
    もういいでしょ 楽しい思い出だったもの
    飽きてしまったの 遊びには

    棘だらけの 美しくもないこの花に
    貴方は何を求めるの

    貴方の心に 痛みしか与えられない
    私はそれだけなのに・・・

    覚えている 貴方と二人で観たロードショー
    地下鉄の音にまぎれて 本気なのと
    尋ねたこともある
    卑怯だけど 楽しい思い出だったもの
    傷つきあう前に 忘れたい

    棘だらけの 美しくもないこの花に
    貴方は何を求めるの

    貴方の心に 痛みしか与えられない
    私はそれだけの花

    棘だらけの 美しくもないこの花に
    優しすぎる雨は罪

    棘だらけの 美しくもないこの花に
    優しすぎる雨は罪

  4. 忘れていいの-愛の幕切れ-

    忘れていいのよ 私のことなど
    一人で生きるすべなら知っている 悲しいけれどこの年なら
    もういいわ もういいわ おこりはしないわ
    不思議ね 別れの予感を 感じてた
    心の中で 少しずつ

    信じてる振りをしていただけ それに気付かない
    貴方は若すぎたのよ

    笑って見送る 私は平気よ
    貴方を乗せたこのバスが
    見えなくなるまでは笑っている
    見つめていないで 背を向けていいのよ
    上着の襟が立ってるわ 自分でちゃんと直すのよ 今日からは

    遠ざかる 愛が消えてゆく
    涙あふれても 逃げない
    バスが行くまで

    手を振る貴方に 心は乱れる
    どうかあなた どうかあなた
    行かないで 行かないで

    忘れていいのよ 私のことなど
    一人で生きるすべなら知っている 悲しいけれどこの年なら
    慣れてるの 本当よ 別れの言葉に
    映画のような愛なんて 欲しいとは思ってなんかいないのに

    遠ざかる 愛が消えてゆく
    涙あふれても 逃げない
    バスが行くまで
    涙あふれても 逃げない バスが行くまで

  5. CORAZON

     学生の頃は自由に気ままに
     恋をしてたわ 気がつけばいつも
     あなたが遠くから見つめる
     視線だけは背中に感じていた
     あなたはいつもいい人だったわ
     友達にでも私にとっても
     けれど私が魅かれる男は
     いつも あなたではなかったわ
     忘れない彼との恋にくるい家を出た私を
     小雨の駅に送ってくれた
     あなたに ふり向きもしないで
     ありがとうの言葉もかけずに
     列車に消えてく わがままな私を
     濡れながら あなたが見ていた
     CORAZON 背中あわせの心
     CORAZON 幸福をつかむために
     私は震える心で
     彼の背中にしがみついてたわけじゃない
     
     走る列車の連結の陰で
     彼のコートのゆげを見ながら
     たった一度きりの人生だもの
     まして春はあまりに短すぎるわ
     不思議なものね 一度くらいは
     自分のレールは 自分でひきたい
     たとえ それが不幸へと続いてく
     悲しい運命という名の列車でも
     この人がいい人か そんなことはわからない
     映画ならハッピー・エンド
     このまま終わるけれど
     かすかに感じていたわ
     彼は幸福が似合わない人だと
     幸福 求めたわけじゃないのよ
     不幸福になる自由がほしかった
     CORAZON 背中あわせの心
     CORAZON わがままに見えるけれど
     私はきっと悔やまない
     だって一度きりの人生 セラヴィ セラヴィ
     
     あなたのことを忘れたままの
     彼と二人の小さな暮らしに
     ピリオドをうたせたのは
     明日を信じない 私の言葉だったわ
     彼は子供が欲しいと幾度も
     寝物語に私に言うけど
     生まれ来る子供の幸福な人生まで
     私には背負えはしないわ
     求めすぎた彼には明日しかみえないまま
     私は私で今日さえも見えないの
     サヨナラ出て行く彼の
     背中に別離の唄は聞こえない
     時計の音も ざわめきもなにも
     聞こえない大人のサヨナラ
     CORAZON 背中あわせの心
     CORAZON 気がつけば街は
     ひとりぼっちで帰る
     初めてのX'masイヴの夜
     遠くで聞こえてるサイレント ナイト
     
     10年ぶりの故郷の駅
     小雨のホームで電話をかけたわ
     寂しさと なつかしさと あなたへの想いと
     ほんのわずかばかりの希望と
     震えながらも まわすダイヤル
     電話のむこうで なつかしい声が
     傘もささず 駈けて来た あなたを見て
     生まれて初めて泣いたわ
     笑顔のまま私のまぶたをそっと押さえた
     あなたの薬指
     キラリ光る指輪
     私が自由に生きたように
     あなたも人生を生きていたのね
     変わらない あなたの笑顔の奥の
     悲しみに今初めて気付いた
     CORAZON 背中あわせの心
     CORAZON 震える私の小さな肩に
     降り続く雨は冷たい
     あの頃の私の心のように
     CORAZON 背中あわせの心
     CORAZON あなたの背中を見つめたままで
     降り続く雨の舗道を
     あの頃に戻って歩いてみたい
    ※CORAZON 時は戻らぬままに
     CORAZON 過ぎてゆくもの
     ※repeat × 3
     セラヴィ セラヴィ セラヴィ

  6. 群青

    一)空を染めてゆく この雪が静かに
      海に積りて 波を凍らせる
      空を染めてゆく この雪が静かに
      海を眠らせ 貴方を眠らせる
      手折れば散る 薄紫の
      野辺に咲きたる 一輪の
      花に似て儚きは人の命か
      せめて海に散れ 想いが届かば
      せめて海に咲け 心の冬薔薇

    二)老いた足どりで 想いを巡らせ
      海に向いて 一人立たずめば
      我より先に逝く 不幸は許せど
      残りて哀しみを 抱く身のつらさよ
      君を背おい 歩いた日の
      ぬくもり背中に 消えかけて
      泣けと如く群青の海に降る雪
      砂に腹這いて 海の声を聞く
      待っていておくれ もうすぐ還るよ

      空を染めてゆく この雪が静かに
      海に積りて 波を凍らせる
      空を染めてゆく この雪が静かに
      海を眠らせて 貴方を眠らせる

  7. 昴-すばる-

    一)目を閉じて 何も見えず 哀しくて目を開ければ
      荒野に向かう道より 他に見えるものはなし

      ああ 砕け散る宿命の星たちよ
      せめて密やかに この身を照せよ

      我は行く 蒼白き頬のままで
      我は行く さらば昴よ

    二)呼吸をすれば胸の中 凩は吠き続ける
      されど我が胸は熱く 夢を追い続けるなり

      ああ さんざめく 名も無き星たちよ
      せめて鮮やかに その身を終われよ

      我も行く 心の命ずるままに
      我も行く さらば昴よ

      ああ いつの日か誰かがこの道を
      ああ いつの日か誰かがこの道を

      我は行く 蒼白き頬のままで
      我は行く さらば昴よ
      我は行く さらば昴よ

  8. さらば青春の時

    振り向かないで 歩いてゆける
    そんな力を与えて欲しい

    やすらぎの時が 青春ならば
    今こそ笑って 別れを言おう

    遙かな夢を捨てきれないままに
    熱い血潮は逆まく胸に

    振り向かないで 歩いてゆける
    そんな力を与えてほしい

    この世に生れた 唯それだけに
    甘えて暮らして 生きてはゆけない

    遙かな夢を捨てきれないままに
    熱い血潮は胸を焦がして

    振り向かないで 歩いてゆける
    そんな力を与えてほしい

    遙かな夢を捨てきれないままに
    熱い血潮は胸を焦がして

    振り向かないで 歩いてゆける
    そんな力を与えてほしい

ディスコグラフィートップに戻る

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る