このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Discography

ディスコグラフィー

ディスコグラフィートップに戻る

CD Albums BASARA

PSCR-5285

  1. 階-きざはし-

    海を渡る風は 夢の匂い運び
    燃ゆる瞳をなお 紅く染めてゆく
    耳を澄ませばいま 遠い国の調べ
    胸の琴線を 甘くゆらしてくる

    時が来れば 野を駈けても
    行かなけりゃ 行かなけりゃ
    悔やむ気がする
    あなたには あなたには 夢を信じていてほしい
    僕は今 橋になる 夢を渡らせる為の
    橋になる

    人はいつも胸に 穏やかな覚悟を
    抱きしめながらも 夢を追う
    美しく生きたい のまでは
    愛に支えられ 遥か旅路をく

    時が来れば 野を駈けても
    行かなけりゃ 行かなけりゃ
    悔やむ気がする
    あなたには あなたには 愛を信じていてほしい
    僕は今 橋になる 夢を渡らせる為の
    橋になる

    あなたには あなたには 愛を信じていてほしい
    僕は今 橋になる 夢を渡らせる為の
    橋になる

  2. バサラ

    風は叫び 雲を走らせ
    時代はただ気まぐれに 愛をもてあそぶ
    花の下で抱き合いながら
    眠るような穏やかな 愛は望まない

    美しく果てるよりも 傷つき激しく生きてみたい
    嵐の海をどこまでも泳いでゆきたい どこまでも
    愛することとは 愛しつづけること
    信じることとは 信じつづけること
    この世の果てまで 君を連れてゆく
    愛 愛 愛はバサラ

    乱れて咲く 花だけが知る
    ただ一途に生き急ぐ人のその心
    言葉はもう意味を持たない
    燃えるような沈黙が 愛を語るから

    美しく果てるよりも 傷つき激しく生きてみたい
    嵐の海をどこまでも泳いでゆきたい どこまでも
    愛することとは 愛しつづけること
    信じることとは 信じつづけること
    この世の果てまで 君を連れてゆく
    愛 愛 愛はバサラ

    愛することとは 愛しつづけること
    信じることとは 信じつづけること
    この世の果てまで 君を連れてゆく
    愛 愛 愛はバサラ

  3. オリエンタル・カフェ

    煙草のけむりが 不思議な絵を描く夜のキャフェ
    まつ毛の先まで 悲しみに濡れたようなWoman
    ひとり

    The day's gone 国籍もないまま
    The day's gone さまよう2人
    愛だけが ゆるやかに
    甘く せつなく揺れるよ
    The day's gone

    流れるジュークが なつかしい夢さそう夜のキャフェ
    くびれた腰まで 指先がたどるときはWoman
    ふたり

    The day's gone 国籍もないまま
    The day's gone 夜にまぎれて
    愛だけが ゆるやかに
    甘く せつなく揺れるよ
    The day's gone

    The day's gone 国籍もないまま
    The day's gone 夜にまぎれて
    愛だけが ゆるやかに
    甘く せつなく揺れるよ
    The day's gone

  4. インディゴ・ブルー

    赤い傘が消えてゆく インディゴの街に
    夕暮れもないままに 気が付けば夜の中
    ガラス越しの口づけも 地下鉄の音も
    モノクロのサイレント 僕が愛したノーマ・ジーン

    モンロー気取った君には Say Good-bye
    素顔に戻って もう一度はじめから
    キラキラしていたデニムの季節まで
    二人のドラマを巻き戻したい

    ブルースが流れてる インディゴの街に
    溶けてゆく悲しみは 想い出のピンボール
    肌をさす雨の粒 白いシャツ越しに
    しみ込んで僕はただ 声もなく叫んでた

    ディマジオ気取った僕にも Say Good-bye
    素顔に戻って もう一度はじめから
    キラキラしていたデニムの季節まで
    二人のドラマを巻き戻したい

    大人のふりした二人に Say Good-bye
    素顔に戻って もう一度はじめから
    キラキラしていたデニムの季節まで
    二人のドラマを巻き戻したい

  5. 友達に変わる時

     友達みたい 今の2人は
     もう恋人に きっと戻れない
     時が過ぎれば 想い出になる
     傷もいつかは 想い出に変わる
     
     ふざけて過ぎた日々の中で
     2人は確かに大人に変わった
     あなただけ 愛してた
     激しい季節は きっと忘れない
     あなただけみつめてた
     あれが青春と思ってる
     今も忘れない
     
     冗談みたい 別れるなんて
     友達だって きっと信じない
     夏から秋に 風吹くように
     きっと誰もが 通り過ぎる駅
     
     ふざけて過ぎた日々の中で
     2人は確かに大人に変わった
    ※あなただけ 愛してた
     激しい季節は きっと忘れない
     あなただけみつめてた
     あれが青春と思ってる
     今も忘れない
     
     As time goes by 街もいつか
     As time goes by 変ってゆく
     Wow ho Wow ho
     Wow ho Wow ho
     
    ※Repeat
     
     友達みたい 今の2人は
     もう恋人に きっと戻れない

  6. シンガポール・スリング

    右手を上げて車を止めた
    Wow Wow Wow in the Summer
    古いホテルのロビーに着けば
    Wow Wow Wow そこに 時はない
    プールサイドの木陰でひとり
    小説のページをめくる
    時が音を立てて戻る Mu- 君に

    ひと月前のささいなけんか
    Wow Wow Wow in the Summer
    気付いていたね お互いにもう
    Wow Wow Wow そろそろ潮時と
    友達のつもりの君にくらべ
    僕は愛しはじめていた
    好きな人が出来たなんて Mu- 嘘

    グラスをかかげてにっこりと
    笑った君がいつも飲んでいた
    シンガポールスリング グラスの向うで
    君は何を見ていたの
    シンガポールスリング 何かひとことを
    僕はきっと待っていた

    あの時決めたひとりの旅を
    Wow Wow Wow in the Summer
    君が読んでた小説の街
    Wow Wow Wow 赤道 この街へ
    プールサイドの木陰でひとり
    想い出のページをめくる
    時が音を立てて戻る Mu- 君に

    グラスをかかげてにっこりと
    笑った君がいつも飲んでいた
    シンガポールスリング グラスの向うで
    君は何を見ていたの

    シンガポールスリング 何かひとことを
    僕はきっと待っていた

    右手を上げて車を止めた
    Wow Wow Wow in the Summer
    ひと月前のささいなけんか
    Wow Wow Wow in the Summer
    あの時決めたひとりの旅を
    Wow Wow Wow in the Summer

  7. 真夜中のミュージアム

    零時の鐘の音 聞き乍ら忍び込む
    真夜中のミュージアム 月明かりだけ
    君への言葉も みつからないまま
    ヒールを片手の 君の手を引いて
    波打つハートの音だけ聞こえる
    君が好きと叫びたくて

    突然つけたライターの火に チパルトキメキ

    驚く君の顔が 光の中でゆれた
    僕は君にささやく メリーXマス Just for you
    君への言葉も みつからないまま
    流した時間を 取り戻したくて
    波打つハートで 口唇かさねる
    窓の外は 木枯らしだけ

    突然つけたライターの火に チパルスのトキメキ

    零時の鐘の音 聞き乍ら忍び込む
    真夜中のミュージアム 月明かりだけ
    うつむく君の肩に 雪はもう降らせない
    君を抱きしめ乍ら メリーXマス Just for you

    ※ チバルス…Demetre CHIPARUS
    ルーマニア生まれの彫刻家
          1914年から1928年にパリで活躍

  8. アゲインスト

    風を愛したか 風を抱きしめたか
    君に吹きつけた 風さえも愛したか
    夢を追うたびに 夢は見えなくなり
    涙ぐむ頬を 風はなでて過ぎる

    敗れし者よ この地に挑み
    力尽きた者よ
    悲しまないで いつか風は
    君の背中を押す
    渦巻くあの緑の拍手の中へ

    遠い海鳴りよ 枯れた草の詩よ
    低い雲達よ 彼をみつめたまえ
    攻める情熱は 守る勇気に似て
    誇りを賭けた ダモクレスの剣

    光と影の間に迷い
    ひざまづきし者よ
    悲しまないで いつか風は
    君の背中を押す
    渦巻くあの緑の拍手の中へ

    敗れし者よ この地に挑み
    力尽きた者よ
    誇りとともに その胸をはれ
    君のその背中に
    幾億の拍手に似た 風を感じつつ
    幾億の拍手に似た 風を感じつつ

  9. Four Seasons

     鮮やかな 絹のスカーフが
     春を告げる 朝のキャフェ
     時のないホテルに流れてる
     遠い昔のあのメロディー 
     
     抱きあうこと それしかない
     青春なんて そんなもの
     何でもいい 情熱さえ
     ぶつけていれば 過ぎてゆく
     
     けがれのない わがままだね
     若さのナイフ 握りしめ
     白いシャツで 走っていた
     スコールの中 叫んだメロディー
     
     香り立つ 秋を生きている
     胸の傷も 知っている
     友達と呼べる 誇らしさに
     グラスを傾け 冬に向う
     
     大人達は 気付いている
     流れた時を止めたまま
     大人達は 気付いている
    あの夏の日は かえらない

    ※季節はまた巡るけれど
    少しづつ 色あせてゆく
    それでもなお 大人達は
    風にたたずみ ほほえんでいる
     
     大人達は 聞こえている
     近づく冬の風の音
     大人達は 聞こえている
    静かに燃える時の音

    ※Repeat

  10. サライ

    遠い夢 すてきれずに 故郷をすてた
    穏やかな 春の陽射しが ゆれる 小さな駅舎
    別離より 悲しみより 憧憬はつよく
    淋しさと 背中あわせの ひとりきりの 旅立ち

    動き始めた 汽車の窓辺を 
    流れてゆく 景色だけを じっと見ていた
    サクラ吹雪の サライの空は
    哀しい程 青く澄んで 胸が震えた

    恋をして 恋に破れ 眠れずに過ごす
    アパートの 窓ガラス越し 見てた 夜空の星
    この街で 夢追うなら もう少し強く
    ならなけりゃ 時の流れに 負けてしまいそうで

    動き始めた 朝の街角
    人の群れに 埋もれながら 空を見上げた
    サクラ吹雪の サライの空へ
    流れてゆく 白い雲に 胸が震えた

    離れれば 離れる程 なおさらにつのる
    この想い 忘れられずに ひらく 古いアルバム
    若い日の 父と母に 包まれて過ぎた
    やわらかな 日々の暮らしを
    なぞりながら生きる

    まぶたとじれば 浮かぶ景色が
    迷いながら いつか帰る 愛の故郷
    サクラ吹雪の サライの空へ
    いつか帰る その時まで 夢はすてない

    サクラ吹雪の サライの空へ
    いつか帰る いつか帰る きっと帰るから
    いつか帰る いつか帰る きっと帰るから

ディスコグラフィートップに戻る

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る