このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Discography

ディスコグラフィー

ディスコグラフィートップに戻る

CD Albums ALICEⅩ

H33C-20040

  1. さよならD.J.

    真夜中のD.J. 耳を傾けていた
    あの頃それだけが 楽しみだった
    ラジオから流れた 新しい生き方に
    素直にうなずいて 夢を重ねた
    朝焼けがやがて街を ぼんやりと浮かび上がらせ
    たいくつな毎日に 僕をいざなう
    さよならD.J.  さよならD.J.
    苦めのコーヒー ひと口飲んだら
    人混みの中の 一人になるよ

    朝のラッシュアワーを 肩をぶつけながらゆく
    多勢のその中の 僕は一人さ
    ラジオから遠ざかり 日々の暮らしに追われ
    時々思い出す あの日の夢
    会社への道の途中 喫茶店で聞いた歌
    あの頃のラジオから 流れた歌
    さよならD.J.  さよならD.J.
    あの時憧れた 新しい生き方
    僕はやっぱり 出来ないみたいだ

    さよならD.J.  さよならD.J.
    学生時代の 友達もいつか
    散り散りのままに 時は流れた

    さよならD.J.  さよならD.J.
    古いラジオから 流れるニュースは
    新しいけれど 何も変わらない

  2. BURAI

    無頼なれ君よ 心震わす日の為に
    無頼なれ君よ 君が君でいる為に

    最後の煙草には 俺に火をつけさせてくれ
    思い出の街を出る 君への花むけに
    親友と呼ばれて 過ごした学生時代
    二人で駈け抜けた 反抗の遠い夏

    振り向かず歩き始めた 君の背中に
    コートの内側で そっと十字をきった時
    街は静かに 街は静かに泣いていた

    無頼なれ君よ 心震わす日の為に
    無頼なれ君よ 君が君でいる為に

    それぞれの胸に 流れていく淋しさと
    過ごしてきた日々への 誇りをしまい込んで
    君が別れにくれた 古ぼけたこのライターで
    青春の地図を燃やして 星屑の街に投げた

    振り向かず歩き始めた 君の背中に
    コートの内側で そっと十字をきった時
    街は静かに 街は静かに泣いていた

    無頼なれ君よ 心震わす日の為に
    無頼なれ君よ 君が君でいる為に
    無頼なれ君よ 心震わす日の為に
    無頼なれ君よ 君が君でいる為に
    無頼なれ君よ 心震わす日の為に
    無頼なれ君よ 君が君でいる為に

  3. アガサ

    あー 落日のパリから 熱い砂のカイロまで
    哀しみの迷路をさまよう 愛と別れのレースが始まる
    あー 自由になる為に 流す涙の数だけ
    淋しさが増えてゆくことさえ 知りながらアクセルを踏む

    短い髪は 古い映画の
    自由に生きた 女達の
    誇りにみちた 別離の言葉
    君の背中に 陽は沈まない

    あー 僕は忘れない かつて君を愛したこと
    振り向かず消えてゆく車の 遠いライトにグラスを捧げた
    あー 出会いはロマンス そして別れは憎しみ
    生きてきた過去を脱ぎすてたまま 日に灼けた素肌にまとった

    麻のスーツは 古い映画の
    自由に生きた 女達の
    誇りにみちた 愛の制服
    君の背中に 陽は沈まない

    あー 君は人生を 僕にゆだねることなく
    生きてゆく 僕は忘れはしない “アガサ”という君の名前を…

  4. 平凡

    バカンス帰りの人で混みあう 空港のロビーの片隅で
    最後の手紙書き終えてから “宛名”書かずに破りすてた

    あなたにいつも言われていた 私には平凡が良く似合う
    けれど教えて下さい 揺れる心のその理由を

    不幸じゃなければ幸福ですか
    何事もなく過ぎてゆく
    一日が明けて暮れてゆく
    幸福とは平凡なことですか

    あの時二人で話した夢は 今でも変わりはないけれど
    たんたんと暮らす毎日の 中で夢さえ色褪せそうで

    あなたの影をみつめて生きてきた 憶病なこんな私でも
    あなたに別れを告げれば 何かが変わるのでしょうか

    不幸じゃなければ幸福ですか
    何事もなく過ぎてゆく
    一日が明けて暮れてゆく
    幸福とは平凡なことですか

    不幸じゃなければ幸福ですか
    何事もなく過ぎてゆく
    一日が明けて暮れてゆく
    幸福とは平凡なことですか

  5. テーブルという名の海

    あなたは遅れてくる 私は一人で待つ
    おきまりのあなたの言い訳 疲れた笑顔の私
    何度も甘い言葉 あなたはくり返した
    嘘をつくあなたの唇 私は好きだったけれど

    向かいあう二人の前に テーブルという名の海
    あなたは気付いてない 私 悲しみの
    涙の海に溺れそうなの

    傷ついた私の ガラスの愛の舟は
    もう戻れない 燃えていた あの頃の岸辺には

    思い出ひとつだけは 両手で包めるけど
    多すぎる思い出は傷よ あなたもいつかは気がつく
    あなたに抱かれるだけ 心に痣が増える
    見せかけのあなたの笑顔も 私は好きだったけれど

    向かいあう二人の前に テーブルという名の海
    あなたが思う程に 私 バカじゃない
    3度目はもう振り向かないわ

    目の前のあなたが 遠ざかる少しずつ
    もう戻れない 燃えていた あの頃の岸辺には

    向かいあう二人の前に テーブルという名の海
    あなたが思う程に 私 バカじゃない
    3度目はもう振り向かないわ

    目の前のあなたが 遠ざかる少しずつ
    もう戻れない 燃えていた あの頃の岸辺には
    もう戻らない 燃えていた あの頃の岸辺には

  6. 4月の魚

    束ねた髪をほどいたら 君は変わった
    銀の鱗に光る 春の陽射し
    Woo- TEMPTATION
    4月になれば君の 愛をつかめる

    雪が消えたヨットハーバー 風を挟んで
    抱き合ったまま二人 迎えた夜明け
    Woo- GRADUATION
    4月になれば木々は 愛の芽をふく

    愛は時間を 捧げてつかむもの
    ハーレ・クイーンの 愛の物語が
    始まるような 予感の中で 今……
    冬を脱ぎすてた TWO FISH IN APRIL

    青い鱗は悲しみの 粒をはじいて
    朝陽の中でパールの 光をあびる
    Woo- VIBRATION
    4月になれば君は 愛にめざめる

    愛は時間を 捧げてつかむもの
    ハーレ・クイーンの 愛の物語が
    始まるような 予感の中で 今……
    冬を脱ぎすてた TWO FISH IN APRIL

    愛は時間を 捧げてつかむもの
    ハーレ・クイーンの 愛の物語が
    始まるような 予感の中で 今……
    冬を脱ぎすてた TWO FISH IN APRIL

  7. 穏やかな月

    アンダー・ザ・ムーン 見つめあったまま
    言葉も忘れて 佇む二人
    アンダー・ザ・ムーン 都会の砂漠を
    旅した二人は 異教徒だけど

    恋が熟して 愛に変わる時
    見上げる空は 星座の海になる
    抱きあう二人の 舟はいつか
    金色の波間を 漂い始める

    アンダー・ザ・ムーン 恋は太陽に
    そして愛は穏やかな 月ににている

    アンダー・ザ・ムーン 車の海にも
    のまれることなく 佇む二人
    アンダー・ザ・ムーン オアシスを求め
    たどり着いたのは お互いの胸

    恋が熟して 愛に変わる時
    見上げる空は 星座の海になる
    重ねた時の 重さはきっと
    若者や子供に わかりはしない

    アンダー・ザ・ムーン 恋は太陽に
    そして愛は穏やかな 月ににている
    アンダー・ザ・ムーン……

  8. 心の場所

    過去形で書かれていた 君からの絵ハガキの
    スタンプも消える頃に 僕はこの街に来た

    君が歩いたこの道や 君が愛したこの店に
    そっと思い出重ねながら あと3日この街にいる

    ア・プレイス・イン・ザ・ハート 洗いざらしの
    君の昨日が知りたくて
    ア・プレイス・イン・ザ・ハート 心の場所は
    君が暮らしたこの街

    最初の1日目は 裸足で道を歩き
    あの頃の君のぬくもり そっとなつかしんでみる

    2日目は君がよく 通ったこの店の
    珈琲を飲みながら 君の匂いを思い出す

    3日目の夜明けには すべてを忘れよう
    君の小さな裏切りや 断ち切れないにくしみを

    かけがえのない日々を 共に生きたあの時の
    美しく輝いていた 君のあの頃にありがとう

    ア・プレイス・イン・ザ・ハート 洗いざらしの
    君の昨日が知りたくて
    ア・プレイス・イン・ザ・ハート 心の場所は
    君が暮らしたこの街

    ア・プレイス・イン・ザ・ハート 洗いざらしの
    君の昨日が知りたくて
    ア・プレイス・イン・ザ・ハート 心の場所は
    君が暮らしたこの街

  9. 19の時

    抱きしめ合う度に 感じてた19の時
    マンションの屋上で 東京の灯りを見てた
    ギターをかき鳴らす 若すぎた僕の歌に
    ほほえんでうなずいた 君は大人になっていた

    灼けた体で ぶつかりあっていた
    デニムの恋は 夏の日の彼方へ
    一千万の夢にのまれ 二人ぼっちの東京で
    お互いの胸の中だけが やすらぎだったね

    古着のジャンパーを 君の背にかけた時に
    気付いてた このままじゃ 君を愛せないと
    二人で暮らしてた あの部屋を離れる朝
    五線紙に散りばめた 僕の愛は泣いていた

    好きと言うなら 誰にも負けないが
    あれを愛とは 言えなかったあの日
    19の時が美しいとは 誰にも言わせない だけど
    深い傷程 鮮やかな思い出に変わる

    一千万の夢にのまれ 二人ぼっちの東京で
    お互いの胸の中だけが やすらぎだったね
    一千万の夢にのまれ 二人ぼっちの東京で
    お互いの胸の中だけが やすらぎだったね

  10. セントエルモスの火

    みつめてたスクリーン 雨の日の映画館
    何度もうなずいて見た セントエルモス ファイアー
    傷つけて傷ついて 確かめるそれしかない
    まるで俺達みたい おかしすぎて涙が出る

    バラバラさ人生は いくら寄り添ってみても
    震える心までは 抱きしめられはしない
    だから一人で だから一人で 生きるしか出来なくて
    無器用だけど それしか出来なくて……

    禁煙の客席に よどんだ煙草のせい
    流れた涙の理由は セントエルモス ファイアー
    散り散りの仲間でも 元気でいてくれれば
    冷えた缶のビールを そっとまぶたに押しあてた

    バラバラさ人生は いくら寄り添ってみても
    震える心までは 抱きしめられはしない
    だから一人で だから一人で 生きるしか出来なくて
    不器用だけど それしか出来なくて……

    バラバラさ人生は いくら寄り添ってみても
    震える心までは 抱きしめられはしない
    だから一人で だから一人で 生きるしか出来なくて
    不器用だけど それしか出来なくて……

ディスコグラフィートップに戻る

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る