このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Discography

ディスコグラフィー

ディスコグラフィートップに戻る

CD Albums NIHON 〜ハレバレ〜

VPCC-81838

  1. ハレバレ

    アイをさがして アスをさがして
    人の海を泳いでいるんだ
    溺れそうになりながら
    アイをさがして アスをさがして
    誰かと話したいだけなんだ
    淋しさは 知っているから
    悲しいんじゃないよ
    せつないだけなんだ
    心が折れそうで
    人が恋しいだけなんだ

    ハレバレ 晴れたら 何かが変わりそうで
    いつかは逢いたい 心に秘めた人
    ハレバレ 晴れたら 何かが変わりそうで
    ハレバレ 感じたら そうだ 逢いに行こう
    アイをさがして アスをさがして
    星の海を見つめているんだ
    にじんでも 瞳こらして

    アイをさがして アスをさがして
    心の窓の鍵をあけて
    外気を吸い込んでみる
    悲しいんじゃないよ
    せつないだけなんだ
    青空を見上げて
    込み上げる そう 涙みたい
    ハレバレ 晴れたら 何かが変わりそうで
    いつかは逢いたい 心に秘めた人
    ハレバレ 晴れたら 何かが変わりそうで
    ハレバレ 感じたら そうだ 逢いに行こう

    ハレバレ 晴れたら 何かが変わりそうで
    いつかは逢いたい 心に秘めた人
    ハレバレ 晴れたら 何かが変わりそうで
    ハレバレ 感じたら そうだ 逢いに行こう

  2. 寿留女〜スルメ〜

    舞い踊れ 松を背負いて
    踏み鳴らせ 火の木の祓い
    舞い踊れ 下天の夢に
    ただ狂え いのち舞姫

    はじまりは 水の滴の様
    やがては それの流れる様
    静寂切り裂く乱拍子
    風をまき込み 渦になる
    舞い踊れ 丹頂の鶴
    踏み鳴らせ 玄武の響き
    舞い踊れ 頭取りの声
    闇の中 音は舞姫
    はじまりは ちなみの種から
    やがては刻む 鼓動の夢
    果ては二上がり 三下がり
    風をまき込み 渦になる

    舞い踊れ 寿祝ぎ祀れ
    踊り手は 外へと踊れ
    舞い踊れ いのち宿して
    音秘めは ただ内に舞え

  3. タカラヅクシ

    タカラヅクシに身を尽くし
    願いをかける初詣
    タカラヅクシの初夢は
    富士のお山をこえてゆく
    熊手がゆれてる酉の市
    十日の戎は笹の波
    ゆらゆらと ゆれながら
    エガオ花咲く祝いの日

    タカラヅクシに身を尽くし
    ひたすら回る盆踊り
    タカラヅクシの恩返し
    集いて更ける夏の宵

    燈籠流しの水辺には
    いのりを灯りにこめた人
    ゆらゆらと ゆれながら
    水面をすべる竹の舟

    タカラヅクシに身を尽くし
    すべてのみ込む杜氏の酒
    タカラヅクシの心には
    そっと伝える 由縁がある
    あの日の安らぎ迎え火に
    あすへの願いを送り火に
    ゆらゆらと ゆれながら
    往来の空に溶けてゆく
    ゆらゆらと ゆれながら
    アイを伝える タカラヅクシ
    ゆらゆらと ゆれながら
    いま黄泉返る もの語り

  4. サクラサク

    坂の上には 白い雲だけ
    見上げるこの目に ただ汗が痛い
    抱きしめている 夢を手放したら
    私は私で なくなるだろう

    向い風も 登り坂も
    自分で選んできたから
    今ここで 捨てるのならば
    最初から夢など見ない

    ああ いつか サクラサク
    涙を超える 人の胸に
    ああ いつか サクラサク
    願い続ける 人の胸に

    その日の為に 重ねる日々は
    無邪気な子供と 変わらないけれど
    ひとりではなく 愛する人と
    ここまで歩いて これたのだから

    花に祝され 花に送られ
    人はこの世を旅する
    すべての人は 心の中に
    蕾を抱きしめ生きる

    ああ いつか サクラサク
    涙を超える 人の胸に
    ああ いつか サクラサク
    願い続ける 人の胸に

    ああ いつか サクラサク
    冬を耐えてる 君の胸に
    ああ いつか サクラサク
    今を生きてる 君の胸に

  5. 梅・桃・桜

    梅・桃・桜のころ
    春を知らせる花便り
    梅・桃・桜の庭
    春の香りの花暦

    掌を見つめるたびに
    思い出す母のあれこれ
    やわらかで少しつめたい
    儚さは そのつよさ

    梅・桃・桜のころ
    少女の厄を 流し雛
    梅・桃・桜の庭
    縁のそばには影ひとつ

    母に似た私のとなり
    私に似た娘がわらう
    母と私、そして娘の
    三代の花暦

    水をやる接ぎ木の庭に
    ひとひらの花が舞いこむ
    手のひらに受けてほほえむ
    娘との一会の春よ

    梅・桃・桜のころ
    母と私と娘のうた
    梅・桃・桜の庭
    移ろう盛り 花暦

    梅・桃・桜のころ
    風に出逢える時を待つ
    梅・桃・桜の庭
    風待つ日々の花暦

  6. 北陸ロマン

    大人に変わったら 日本海に逢いたくなる
    あなたのあの言葉が 今も響いている
    大人に変わったら 日本海に抱かれたくなる
    青鈍の海の詩 聴こえる あの街へ 行きたい・・・

    初めての旅は 遥かな夢の先
    蜃気楼さがしの 憧憬をたどる旅
    二度目の旅は 出逢いも別れさえも
    美しい涙に かわる旅

    大人に変わったら 日本海に逢いたくなる
    あなたのあの言葉に 今は頷いてる
    大人に変わったら 日本海に抱かれたくなる
    薄墨の海の詩 聴こえる あの街へ 行きたい・・・

    初めての旅は 家族からの旅立ち
    一人で生きてゆく 淋しさを超える旅
    二度目の旅は すべてを風にゆだねて
    ありがとう 伝える こころ旅
    大人に変わる時 日本海に逢いに行こう
    唐紅に染まる 夕陽のあの場所へ
    大人に変わる時 日本海に抱かれに行こう
    やさしさの揺籃に 抱かれに帰ろう
    ラィ ラィ ラィ ラィ ラララ ラ  ラィ・・・
    ラィ ラィ ラィ ラィ ラララ ラ  ラィ・・・

  7. やくそくの樹の下で

    明日また 逢おうね
    やくそくの 樹の下で
    明日また 逢えたら
    夢の続き きかせて

    拡げてる この手は
    涙もふけるよ
    2人で 手をかさねたなら
    あたたかく なるよ

    明日また 逢おうね
    やくそくの 樹の下で
    明日また 逢えたら
    夢の続き きかせて

    この空に抱かれて
    見上げる よろこび
    うつむいたままじゃ見えない
    さあ顔を上げて
    明日また 逢おうね
    やくそくの 樹の下で
    明日また 逢えたら
    夢の続き きかせて

    明日また 逢おうね
    やくそくの 樹の下で
    明日また 逢えたら
    夢の続き きかせて
    夢の続き きかせて

  8. 鶴と亀

    君は鶴 僕は亀
    金糸銀糸が結ばれる日
    君は赤 僕は白
    縁の糸が結ばれる日

    遠い場所で それぞれに生まれ
    出逢いの糸口をつかみ
    織り上げた綾は二人の錦
    この時を忘れないで

    三三と九度の夢
    角をかくして ほほえむ君
    白無垢の清らかな頬
    唇にさす 紅の色

    選ばれた人が集いて
    「おめでとう」 の 祝いのことば
    「ありがとう」 それは 「有り難い」 こと
    この時を忘れないで

    とりどりの涙の海に
    こぎ出して行く 二人

    三千歳と八千代を超えて
    恋は愛へと姿変えて
    いとおしさに至る時まで
    この涙 忘れないで

    添い遂げて 看取りあう時
    鶴亀はひとつになる

  9. 風の時代

    Go beyond the pain  Go beyond the pain
    Go beyond the pain  Go beyond the pain

    すべてを運ぶ 風になる
    祈りの時は もはや過ぎた
    留まることは 消えゆくこと
    壁を越えゆく 風になる

    Moving on 100年後の君にはわかるだろう
    Moving on ガリレオの空に飛び立て
    風はうず巻き 形 見せてくる
    吹きわたるのは 風
    Go beyond the pain  Go beyond the pain
    Go beyond the pain  Go beyond the pain

    星を見上げた キャラバンの
    心の中に 境はない
    捨てる勇気が 生きること
    風に吹かれて 知っていた

    Moving on ジェネシスの魂にかえる時
    Moving on コペルニクスの子供だろ
    まわり続ける 星が伝えている
    いのちは動く 風
    Go beyond the pain  Go beyond the pain
    Go beyond the pain  Go beyond the pain
    Go beyond the pain  Go beyond the pain
    Go beyond the pain  Go beyond the pain

  10. ひたすら駈けてた 少年時代の写真
    ひとり暮らしの部屋 聴いてた歌
    学生仲間と 語り合い乗り損ねた
    終電の後の 都会の風

    それぞれにふるさとを
    抱きしめて生きてる
    それぞれにゆれていた
    ふるさとへの思い

    鼻眼鏡をかけ 新聞を読んでた父
    母が愛した場所 南向きの部屋
    みんなの笑い声 夕食に集う家族
    支えあって暮らした あの日の家

    それぞれのふるさとを
    抱きしめて生きてる
    それぞれにゆれていた
    ふるさとへの思い

    心を通わす 人と暮らしはじめた
    遠い町で見上げる あの日の空
    二人で歩こう 明日に続くこの道
    心の中に建てた 希望の家

    心が帰る場所
    それは遠い記憶
    心が向かう場所
    それは近い明日

    新しいふるさとを
    創ろうよ一緒に
    新しいふるさとが
    夢を見せてくれる

  11. 吟遊詩人

    ギターひとつかかえた 街角のツタエビト
    しゃがんで聴いてる少女の 瞳にうつる空
    ギターひとつかかえた 街角のツタエビト
    足を止めた少年は 遠くでみつめてる
    何処へ向かうんだろう 何をしたいんだろう
    ふざけあい ごまかした 大切なこと

    誰にも言えない 不安だらけの中
    ひびいてきたコトバが 素直に沁み込んだ
    歌声に抱かれて 涙流れていた
    かたくなでいいんだと 歌がささやいた
    ギターひとつかかえた 街角のツタエビト
    しゃがんで聴いてた少女が 明るくうなづいた
    ギターひとつかかえた 街角のツタエビト
    背中向けた少年が 手をふり歩き出す

    何処へ向かうんだろう 何をしたいんだろう
    それはあの日の私の 姿そのまま

    誰にも言えない 辛さを抱いたまま
    大人になれるなんて 思ってもいなかった
    歌声に包まれ うなづきあえたなら
    次の街へ旅立とう 風のそのように・・・

    歌声に包まれ うなづきあえたなら
    次の街へ旅立とう 風のそのように・・・

  12. 夢路

    ここより遠くへ ここより遥かに
    夢をふところに 風になろうよ

    夢をもつ人は 夢に愛される
    歌を口づさめば 歌に抱かれる
    いつか来た道は いつも風の中
    そして行く道も すべて風の中

    歩き出す人は みんな風になる
    星へ続く夢路 おなじ旅人

    いつか来た道は いつも風の中
    そして行く道も すべて風の中

    ここより遠くへ ここより遥かに
    夢をふところに 風になろうよ
    星へ続く夢路 風になろうよ
    星へ続く夢路 風になろうよ

  13. MIRAI

    Smile make a Smile エガオの花咲く MIRAIへ
    闘いの世紀を越えて よろこびの種をまこう
    Smile make a Smile エガオの花咲く MIRAIへ
    スゴロクの振り出しと 上がりは そう この場所

    時を超え 今も伝わるストーリー
    美しい言葉がひらく 玉手箱

    Smile make a Smile エガオの花咲く MIRAIへ
    闘いの世紀を越えて 歌声を重ねよう
    Smile make a Smile エガオの溢れる MIRAIへ
    スゴロクの振り出しと 上がりは そう この場所

    100億の星が伝えるストーリー
    清らかな響きをくれるユートピア

    Smile make a Smile エガオの花咲く MIRAIへ
    1000年のほほえみ ひらく それはミュージック 歌うコトバ

    100億の星が伝えるストーリー
    ほほえみは 夜明けを告げる陽の光

    Make a MUSIC Make a MUSIC
    Make a MUSIC MIRAI
    It's a MUSIC It's a MUSIC
    It's a MUSIC MUSIC PRAY

ディスコグラフィートップに戻る

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る