このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Forum

フォーラム

お客様同士のコミュニケーションのための広場です。谷村さんも登場するかも!?

クラブダオ会員の方は投稿およびコメントすることができます。

ユーザー投稿  杜の都の街路樹。

Posted on  by せつ / 3 Comments

こんばんは。 今夜は冷え込み、風が強いですが、北斗七星とオリオン座が綺麗に瞬いている間に、くっきりと半月が青白い光を放っており寒さを忘れて見入ってしまいました。 先週純喫茶でマスターにお便りを読んで頂きありがとうございました。 かねてから、ネオドラのフォーラムブログでご紹介させていただいていた、仙台の『昴』喫茶店のマスターご夫婦のお話しでした。 谷村さんのお話をマスターご夫 ...

谷村さんの投稿  猪苗代湖をへて山形に

Posted on  by 谷村新司 / 17 Comments

昨日の余韻のまま今朝は9時にイタリア軒を出発して一路山形へ(ぶらり途中下車の旅)冬編のロケのためです(笑顔) 車中の約5時間の間中、窓の外の紅葉に興奮しっぱなしで、いっぱい写メを撮りました! 近いうちにアップしますね(笑顔) 会津磐梯山から猪苗代湖を抜けて、静かな佇まいの山形の街には午後2時前に着きました。 今夜は東京からスタッフ達やテレビクルーも夜には山形に合流です(笑顔) 明日からの新しい出会 ...

谷村さんの投稿  新潟に着きました(笑顔)

Posted on  by 谷村新司 / 13 Comments

23年ぶりの新潟の老舗ホテル(イタリア軒)での歌暦です! 懐かしいバンケットでのリハーサルを終えて部屋からの書き込みです。 あの当時ニューミュージックのシンガーとして初めての試みだったホテルでのショーはホテルサイドも一種の賭けだったんですよ、と今の支配人が笑顔でおっしゃっていました、そしてその時のパンフレットも見せていただきました! そこには若いタニムラがいました(痛笑) 今では音楽のジャンルを越 ...

ユーザー投稿  十三夜

Posted on  by 北のすずらん / 3 Comments

“明日は「七五三」。かわいい紳士、淑女の姿をあちこちで見られそうですね”とのマスターの言葉で始まった今日の純喫茶は「十三夜」です。 “なんで七五三なんだって考えた事あります?なんで864じゃ駄目なのかって” (あ~なんで奇数の方が?まったくわからないです。) “しかも七五三は男と女の子でお祝いするのが違うんです。男の子は五歳の時だけが。女の子は三歳と七歳が七五三。奇数日にこういう事をするのはち ...

ユーザー投稿  せつさん、おめでとう♪

Posted on  by ゆり / 6 Comments

純喫茶でせつさんの素敵な「昴」という珈琲店についての お便り読まれましたね! おめでとうございま~す\(^0^)/ 仙台は街路樹のとても美しいほんとうに 素敵な街なのですね。 マスターがホテルの窓からの街路樹の眺めの 素晴らしさをお話くださってそのまだ見ぬ 光景がココロいっぱいに浮かんできました。 いつの日にか仙台、行ってみたいです! 谷村さん、せつさんほんとうに素敵な時間の ...

谷村さんの投稿  浜松2日目の青空

Posted on  by 谷村新司 / 11 Comments

昨日は久しぶりの浜松の皆さんと熱く燃えた時間でした(笑顔) 会場の皆さんの熱気に乗せられて時間もかなり延長してしまいました!(笑) 2日間連続ライヴの今夜も全力でステージに向かいます! お日様に誘われはお昼間に街を散歩して素敵な純喫茶を発見しました、ゆったりと流れる時間の中でゆっくり読書を楽しみました。 今日は朝から雲ひとつない青空が空一面に広がっていますね、、見上げているだけで幸せな気分です(笑 ...

ユーザー投稿  純喫茶・谷村新司 を聞いて ミミズにおしっこの件で

Posted on  by 愛媛県西条市 空派羽(くうぱぱ) / No Comment

マスター・ウエイトレス様、いつも楽しく聞かせて頂いております。愛媛県西条市の空派羽(くうぱぱ)です。営業の仕事をしているので、毎回必ず車の中で聞けないので、インターネットラジオで拝聴しております。ミミズにおしっこと言う話題で、インターネットが発達した世の中なので、既にどなたかが、お便りされているかもしれませんが、Google で「みみずにおしっこ」で検索するとトップにmimizuと言うタイトルです ...

谷村さんの投稿  生きてゆくテーマ

Posted on  by 谷村新司 / 14 Comments

どんな人にも出会いと別れがあります。 両親や家族や友人ともいずれその時がやってきます、誰もが避けては通れない道です。 その覚悟をもって日々柔らかに生きて行きたいといつも思っています。 出会いと別れの瞬間は、その人にとって一番大切な今を生きるテーマを与えられているのではないでしょうか、、それをどうとらえるの? それをどう生かすの? そう誰かに問いかけられている声が聞こえます。 すべては、お天道様の下 ...

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る