このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Forum

フォーラム

フォーラムトップに戻る

ユーザー投稿  邂逅(出会う)

Posted on  by 李竹 / No Comment

亀井勝一郎さんの『私の読書観』を読んでいて、「出会う」という言葉を読みました。本の中には貴重な観点が多すぎます。「出会う」という言葉に共感しました。たくさんの本を思い出しました。私も谷村さんを思い出しました。文字の仕事をしている人ですが。多くの偉大な作家に感心していますが。でも、私は誰かを好きになったことがありません。誰に会いに行きたいとも思っていません。私が大好きな外国人作家が北京に来ても、会えなくても大丈夫だと思います。今まで大好きだった人が、なんと歌を歌う人ばかりでした。(笑颜)
一人は高校時代に好きだった中国の歌手です。彼は自分で歌を作るが、高らかに澄んだ声もある。 心を動かすのはいつも才能です。(笑)しかし、私は成長しました。彼のインタビューを見に行きました。これは私の好きな人ではないと思います。
谷村さんの「秋桜」を聞いて、涙を流した時、私はテレビ局の番組のために原稿を書いています。仕事で自分を見失ったと思います。だから何度もその歌を聴いていたその午後は、泣かずにはいられませんでした。本当の自分を見つけたいです。三年後、その歌を聞き直しましたが、谷村さんのことを本当に知り始めました。その時、私は日記に書いています。中学校の時に谷村さんと知り合ったらいいと思います。出会ういが遅すぎます。そう思います。谷村さんの音楽が好きです。谷村さんの言論、観点、態度がもっと好きです。いたずらで、変で、お笑いの部分もとてもリアルで感動的です。谷村さんは私にとっても「大きな体験」です。
実際の生活の中で、私も深く心にとどめる愛を経験したことがあります。でも、私の谷村さんへの愛はそれらを超えたようです。谷村さんに対して大きな崇拝と尊敬がありますから。谷村さんの価値をもっと多くの人に見てもらいたいです。私は去年書いた小説の中で谷村さんの音楽を喫茶店に置いています。谷村さんの音楽が流れる喫茶店です。プーシキン文学レストランを見た時、谷村新司音楽レストランもあるべきではないかと思いました。(笑颜)しかし、その小説は書き終わっていません。そして修正が必要です。(笑)いつか谷村さんにも伝えたいです。谷村さんの小説を書いて出版しました。自分の名前をサインして谷村さんにプレゼントしたいです。(笑颜)そんなに長くはないはずです。

No Comment

フォーラムトップに戻る

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る