このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Forum

フォーラム

フォーラムトップに戻る

谷村さんの投稿  あたたかさに包まれて、、

Posted on  by 谷村新司 / 15 Comments

快晴の京都を出発して約2時間、、天橋立を超えて丹後に到着、、、、、、そこは山に囲まれた懐かしい風景が広がっていました、、、46年の旅の歴史の中で初めて訪れたにその場所は まるで子供のころに見ていた 故郷のような景色と夕暮れの風が吹いていました  こじんまりとした佇まいの丹後文化会館の中は 昭和の香りが漂っていました 、、この日を待ってくださっていた皆さんの熱気で会場は超満員!! 歌声も大きく拍手や手拍子も熱い 最高の観客の皆さんに思わず乗せられてしまいました!!!!  参加してくれた子供たちも(峰山少年少女合唱団)(網野グリーンクワイア))(久美浜児童合唱団)という近隣の3つの合唱団がこの日の為に合同で参加してくれた素敵な48名、、、、そして歌ってくれた楽曲は谷村が作った『鳥になる』でした、、、思わず胸キュンになってしまいました(笑顔)  終演後は真っ暗の楽屋口で たくさんの皆さんがで 手を振って我々が乗ったマイクロバスを見送ってくれました、、、京都への移動の間中 心の中がポカポカあったかくなっていたのは 出会えたみんなのたくさんの笑顔と 優しい人達の思いやりでした  この余韻が、、、ココロの学校なんだ! と 改めて感じていました、みんな本当にありがとう!!

15 Comments

アリス

March 13, 2018, 12:08 AM

わが町の 丹後文化会館に 来てくださり
ありがとうございました。
小さな会館で驚かれた事と思います。
谷村さんが 唄った途端 会場が ふわぁーって
谷村さんのワールドに包まれていくのが
空気感で 伝わってきました。
☆ あたたかさに包まれて ☆題名の書き込みの言葉に
胸が熱くなり 観客の拍手や歌声に のせられました。との書き込みに 地元民としては 嬉しさでいっぱいです‼️ コンサートに終わり 多くの方が
とても 良いコンサートだったという声が聞こえてます。
谷村さんの真摯な姿勢は この町のみんなに 伝わりましたよ。
京都市内から2時間もかかる この町に 谷村さんの音楽を生で伝えて頂き ほんとに ありがとうございました。この町に住む者として 感謝でいっばいです。

おり紙

March 12, 2018, 12:44 PM

ココロの学校、沢山の皆様とあたたかく素敵な時を過ごされて 本当に良かったですね! お疲れさまでした☆
地球劇場は最終回だったのですね、もうびっくりでした!
アリスの皆様、お変わり無く 素敵でお元気なご様子で嬉しかったです 沢山のお話、素敵な楽曲、感動溢れる時を過ごさせて頂きました♪ 改めて アリスは本当に素敵で素晴らしい!!と感動しています☆私もいつも力を頂いて来まして感謝致して居ります☆
再始動 とても楽しみにしています♪
毎月楽しみにしていた地球劇場、他には無い 感動の素晴らしい番組でした 寂しくなりますけど、感動の時をありがとうございました! 次の新しい地球劇場を楽しみにしています☆ 谷村さん、沢山のスタッフの皆様、大変お疲れさまでした! ありがとうございました!
♪やくそくの樹の下で♪、、、とっても素敵でした☆

J&N

March 12, 2018, 12:23 PM

(その1)今回は長くなるので2回に分けさせていただきますね。
女房のリクエストでここ(京丹後)に来たのは「偶然」ではなく「必然」だったのかも知れません。
何となく「同じかな?」とは思っていましたが、いつもタニコムに投稿している「祐青」さんも同じ神社を目指していましたね。
天橋立にある元伊勢「籠(この)神社」の奥宮「(天)真名井神社(あめのまないじんじゃ)」は伊勢神宮と深い関わりのある神社。
「奥宮 真名井神社」は「古事記」ともご縁の深いところ。その昔、天照大御神が初めて遷ったのがここ真名井神社と言われていて、その後天照大御神と豊受大御神は共に真名井神社に祀られていました。
伊勢神宮では朝と夕方に「日別朝夕大御饌祭」というご神事があり、御飯・御水・御塩を天照大御神に奉り、国・民が安らかであれと祈り感謝する祭事が約1,500年もの間毎日行われています。
使われる御水は伊勢神宮「外宮」にある「上御井神社」から毎日お汲みしたもの。
天照大御神に差し上げる御水を汲む「上御井神社」は、この「真名井神社」から「外宮」に移されたものなのだそうです。
神宮の宮司さまから「機会があれば一度訪れて欲しい神社」と言われて数年、実は昨年10月の「神戸ファイナル」の時に訪れる予定を立てていました。ところが当日は交通機関が大混乱する悪天候でやむなく中止に・・・
今回の京都「ココロの学校」でようやく実行されました・・・と、当初はここまでご報告の予定でしたが・・・「旅」って本当に面白いものですね。(続く)

J&N

March 12, 2018, 12:22 PM

(その2)「真名井神社」から戻る途中「天橋立」が見えるのですが、その景色を見ていたら突然幼少期の思い出が蘇りました(大笑顔)
私がまだ幼稚園児だったころ、家族で「天橋立」へ旅行に行きその電車の中での出来事・・・昔の車両はドアが自動ではなく小さい子供には「重い」ドア、そこへ私と同い年のお姉さんと小さな妹さんの美人姉妹がドアを開けようと一生懸命になっていて私が手助けをしてようやくドアが開きました。
これが小さな「ご縁」となって東京に住む美人姉妹と当時横浜に住んでいた私との間で何度かの文通がスタート、お互いの写真交換などもしていた記憶が鮮明に蘇りました(笑顔)
この話、女房にもしていると思っていたら女房からは「初耳~っ!!」・・・なんと幼少期以来の「天橋立」を見て数十年ぶりの記憶が蘇ったことに気付きました(大笑顔)
小さな恋の物語でしたが・・・女房からは「その頃が人生最大のモテ期だったんじゃないの?」とナイスな突っ込み!!
「今じゃこんなになっちゃって!」と女房からさらに突っ込まれて「ほっとけや!」と応戦するのがやっと(笑)夫婦漫才をしながら大笑いして会場に向かいました。
その後の「ココロの学校」でチンペイさんが「昔の歌は覚えているのに昨日の夕ご飯が何だったのか思い出せない」といういつものセリフで久し振りに「大ウケ」しましたよ!!
この日は京都で一泊し、翌日新幹線の車中で「14時46分」をむかえ、女房と車内で黙祷をして帰路につきました。
幼い頃の想い出を蘇らせてくれたチンペイさんと女房には大感謝です!!!京丹後の皆さん、石坂君もありがとう!!!(J)

仙台の織姫

March 12, 2018, 10:03 AM

谷村さん お元気そうですね♪
春と冬が綱引きしているような日本列島ですが
京都丹後への旅は、ほっこりとした暖かさが伝わってきて一気に春を感じました

鈴音

March 12, 2018, 12:08 AM

谷村新司様
京丹後市からのココロの学校、お疲れさまでした。
悪天候の心配も少しづつ減り、肌寒い中にも日一日と春らしさが増してきています。 
国土の四分の三を占めるといわれる日本の山地。車窓の景色も京丹後市の山並みも、きっと、懐かしい思い出や故郷の風景に繋がってくることでしょう。
どっしりと素朴な山々が教えてくれる大いなる緑と慈しみ。
私たちは故郷へ繋がる遥か山々が教える見えるもの見えざるものの多くを受け取ってきました。山々は古より今に至るまでの全てをずっと見続けています。故郷へ続く山の呼び声に応えていきたいものです。
・・・・・・・・・・
「夕焼け小焼け」が流れる茜の空に夕焼けトンボが飛び交い、時間を忘れて遊んだ子供たちも、この曲を聴けばお父さんお母さんの顔を思い出しそれぞれの家路につきます。
漕ぎ手のいなくなったブランコや鉄棒には帰って行った子供たちの声が寂しげに残ります。 映画を見るように流れる懐かしい風景は昨日のことのように近く、そして掴めそうで掴めない遠い思い出となります。
故郷の思いでは心の中に。情緒を育み故郷へ繋いでくれる風景を大切にしたいものです。
・・・・・・・・・・
ココロの学校のために編成された合唱団の皆さんが歌ってくれた「鳥になる」は、谷村さんへの敬意と、夢を追っていずれ羽ばたいて行くであろう故郷京丹後市の「サライ」へ繋がる歌のようです。
京丹後市からの素晴らしいココロの学校になりましたね。
素敵なご報告をありがとうございました。
長くなりました。
・・・・・・・・・・
お多福の笑みにも似たり山の笑み(鈴音)
鈴音 拝

ペン子

March 11, 2018, 08:07 PM

心温まる時間を過ごせた様子で 私も嬉しいです(#^.^#)

それぞれが 思いを持って集い 谷村さんと共に過ごす時間は とても大切な時間です(^^)

帰りには 心に 元気と温かさをいっぱいにして 日常に戻って行きます

素敵な場所を ありがとうございます

肌寒い日が続いてますね 風邪などひかれませんように

奈良舵

March 11, 2018, 01:26 PM

ココロの学校お疲れ様でした♪ 沢山の出会い良かったですね☆ 地球劇場観ましたp(^^)q 大人なアリスでした~♪ 静かに熱い‼ デーモン、CHAGEとのコラボ素敵でしたよ。観客が近くて私までドキドキしました♪ ツキイチの地球劇場がなくなり残念ですが、次に向かって・・・☆ 楽しみにしてます☆

KAZUKObyNAGOYA

March 11, 2018, 10:29 AM

チンペイさん・・・おはようございます♪ チンペイさんの書き込みにホッコリあったかさを感じながら読み返しました 天橋立、京丹後・・・自分の中で遠い(汗)と思ってしまった残念も感じています 今日の天橋立の綺麗さはきっと春・・・いつの日にか!なんての思いに誘われています♪ チンペイさん・・・みなさんと素敵なココロの学校になりましたね(拍手)ココロのポカポカ・・・何よりのうれしさですよね うんうん!のお気持ちで京都への帰り道だったのでしょうね 寒いかも・・・の心配もお気持ちのあったかさで大丈夫でしたね・・・きっと楽しまれたみなさんも♪♪♪ ホントに良かったですね!!!(笑顔)
この春のココロの学校も無事に・・・お疲れさまでした!お帰りになったら国立劇場に向けてのお忙しさとになりますね 今年の・・・とお考えのステージ(拍手)チンペイさんが楽しませてくださる「春・桜」膨らんでいきます うんと楽しみにしていますね(笑顔)
地球劇場・・・最高でした!(拍手)最終回にとてもさみしく思いましたがアリスへのご準備・・・そう思うとさみしさも楽になりました アリスはホントホントに最高です(笑顔)

祐青

March 11, 2018, 04:36 AM

朝から峰山を出発して、天橋立に向かいました。天橋立は2回目で、前回は舞鶴に行った時に寄りましたが時間がなく、籠神社は5分しか滞在できなくて、真名井神社は坂の下の鳥居の前で断念して引き返しました。今回は絶対に真名井神社まで登ろうと、、、それは、あるブログに引用されていた、籠神社のホームページの空海と真井御前の文章を読んだ時に、なんだかシンパシーを感じたからです。1日違いで亡くなったことが二人の年齢と共に書いてあるのですが、その歳の差は29歳。自分と谷村さんの歳の差が28だから、近いなと思って。そう思った時に、真井御前がどんな想いでいたのかが、もしかしたら私には分かるのかもしれないって思いました。谷村さんを空海と置き換えてみたら、同じ感覚なのではないかと。真井御前は籠神社の宮司、海部家の人で、10歳から京都の六角堂頂法寺で修行して、のちに神戸の甲山に神呪寺を建てます。それなので先週は六角堂、今週は籠神社と真名井神社にお参りに来ました。谷村さんが西安の青龍寺に行ったのは、空海の足跡を訪ねたからだったことに気付いた時に、真井御前の足跡を訪ねてみたくなったのです。どちらも行ったことのある場所ではあったけど、真井御前を念頭に置いてはいなかったので、改めて行ってみようと。真名井神社は工事中で、残念ながら今回も全部は見れませんでしたが、磐座の一部が参拝する場所から見えて、その奥の気配が伝わってきました。あの奥は違う空気の場所だなと思って、横にある説明の看板を読みました。天地、日月、水火、陰陽、、、相対する神を一対として祀る、、、縄文時代に、、、もうそれで十分わかったのでその場を後にしました。丹後文化会館で谷村さんを正面から見つめていた時に、頭の中に浮かんでいたのは白い龍で、鱗がキラキラ光っていました。旅の始め、東京から京都に向かう新幹線の車内から、会社に退職願いのメールを送りました。先週からの二つの旅も一対の旅だったことに、今気づきました。泉涌寺は黒い龍だったかな、、、この旅は一生残ると思います。京丹後のココロの学校は、すごく楽しかったです。笑

姜煒(青空)

March 11, 2018, 02:10 AM

お疲れ様でした!時間が経つのは本当に早い、あと1ヶ月で会うことができます!楽しみですね!(^_^)

ぶぶ

March 11, 2018, 02:00 AM

谷村さんお疲れ様です
素敵なココロの学校ですね
そして今日は地球劇場最後の放送でした
48回本当にいい番組をありがとうございます
また 形を変えてとおっしゃってましたね
楽しみにしています

akoako

March 11, 2018, 12:02 AM

谷村さん
もう何十年も利用していた路線の電車でしたが天橋立から先は利用したことがありませんでした。本当に子どもの頃に見た風景のようで初めてなのに懐かしさを感じました。
京都から京丹後はやっぱり同じ京都とは思えない遠さでした。
でも遠くからも沢山ファン仲間が集っていてビックリでしたが久しぶりの再会嬉しかったです。
会場の温かい雰囲気良かったですね。会場全体に笑顔と元気な歌声が溢れていましたね。
子どもたちが歌ってくれた歌が谷村さんが創られた曲と聞いてビックリしました。とても素敵な歌声でした。
ココロの学校の良さが溢れた今回のココロの学校でしたね。これからもずっと続くといいなと改めて感じました。

谷村さん、今日京丹後市のココロの学校に向かう時7年前の千葉県八千代市でのココロの学校に参加した日のことを思い出していました。ココロの学校に参加したあと東京でホテルに滞在していた翌日の3月11日にあの東日本大震災が起き私も路頭に迷いました。
あの八千代市でのココロの学校も忘れられない思い出です。被災地にココロを皆んなが寄せ続ける大切さを今又思います。

R~

March 10, 2018, 11:43 PM

谷村さん温かな出会いの旅良かったですね。ココロの学校お子さん達と地域の皆様との本当に楽しい触れ合いのお時間ですね、谷村さんご縁感じられた懐かしい旅お疲れさまでした。

秋桜

March 10, 2018, 11:43 PM

谷村さん、46年もの長い旅を続けられていても、初めて訪れる町、とても新鮮で
印象深いココロの学校となりましたね(笑顔)
山に囲まれた子供の頃の故郷にも似た丹後、私も訪れてみたい町です♪
子供達の元気な歌声と、会場の皆様の温かさに包まれた時間、宝物がまたひとつ・・・とココロが温かくなりました(笑顔)

フォーラムトップに戻る

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る