このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Forum

フォーラム

フォーラムトップに戻る

ユーザー投稿  慈心

Posted on  by 祐青 / No Comment

今年もまた届けてくれた、亀井勝一郎先生からのメッセージは「慈心」でした。笑 この何年間かずっと不思議なことに 、自筆の色紙が毎年忘れた頃にやって来ます。昨年の言葉は「信」、一昨年の言葉は「日々旅にして 旅を栖とす」、その前の年は、先生が紫式部の言葉を記したものでした。その前にも5点ほど収蔵していますが、的を射ている言葉が毎年毎年続くから、あぁ、これはメッセージとして、先生が届けてくださっているんだなと、私は思うことにしています。笑 亀井先生が何を伝えたいのか、常に思い、考えていると、こういうことが起きても不思議ではない気もします。一時期、函館や奈良に取り憑かれたように通っていた時も、その意味をだんだんと理解できてくると、それほど通わなくなってきました。行きたい思いはずっとありますが、前ほど切羽詰まった感じではないです。笑 「慈心」とは、そのまま読めば慈しむ心ですが、先生が書く場合は、佛の慈心、如来の慈心、菩薩の慈心、、、それは仏教的な意味合いを多く含むと思います。聖徳太子や親鸞聖人と、真摯に向き合ってきた方ですから、徒党を組むことを良しとせず、常に個としての立場で書物から教えを学んで居られました。しかし本当は、生きた師に巡り逢いたいというのが、真の願いであったはずです。その想いはずっと抱えて生きてこられた方だと拝察しています。そうであるがゆえ、そうであるがゆえのこの人生です。笑 生きて逢うとはどれほど難しいことか、ただの人ではございません。心と心が通い合うもの同士の出逢いです。言葉はもう超えています。五次元の世界の話です。それを三次元に具現化したものが、この色紙であると言えます。亀井先生の名前を教わったのは、そもそも谷村さんの本なんですけれども、、、その亀井先生に向かってよく、どれほど谷村さんのことが好きかっていうことを、報告しています。笑

No Comment

フォーラムトップに戻る

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る