このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Forum

フォーラム

フォーラムトップに戻る

谷村さんの投稿  新たな感動茨城

Posted on  by 谷村新司 / 10 Comments

ここ茨城でも川の氾濫があったり、台風被害が多く、開演の瞬間までスタッフ達と心配していました。 が、開場と同時にホールにはたくさんの観客のみなさんが駆けつけてくれました、、みなさんのエネルギーに応えようとアリスは一曲目からエンジン全開でした(笑顔) みんなの熱気と一緒にやがて総立ちの爆発状態、まさに歌とともにうねるような乗りのままラストまで! 大変な状況のなか、来てくださった茨城のみんなに心からの〈ありがとう!〉を贈ります。 終演後、雨の中でペンライトを振って見送ってくれたファンの方たちに、感謝しています。 お陰さまで、幸せな余韻のまま東京に無事、帰り着きました。 きょうのすべての出来事に感謝です!

10 Comments

October 17, 2019, 11:06 PM

被災者になって初めてその気持ちがわかりました。タコヤキさん、マリアさん、・・・ありがとうございます。心が少し楽になりました。頑張ることはできませんが、谷村さんの歌を聴けるように元気でいたいと思います。

マリア(KOBE)

October 16, 2019, 02:00 AM

この度の台風被害に遭われた皆さまに
心からのご冥福とお見舞い申し上げます

先の見えない不安、切なくて苦しくて、、、悲しみに沈んだ神戸大震災の時の思いが蘇ります
「頑張ってください」との安易な励ましの言葉は辛いだけでした
非常に厳しい状況の方々
悲しみや苦しみを抱えていらっしゃる方々
心と体の休息をとられて、どうかお元気でいてください

復旧・復興に携わっていらっしゃる自衛隊・消防・・・ボランティア・・・関係者全ての皆様には、ただただ頭の下がる思いでいっぱいです
本当にありがとうございます
心から感謝しております
くれぐれもお体ご自愛くださいませ

最後になりましたが、谷村さん、
大宮・茨木の公演開催にあたり複雑な思いでとても心配していましたが、
無事に終わられて安堵しております
今度、もしも、またこのような状況になった時には
その時は大切な命を守ってくださいね
いつか笑顔でお会いできる時を願っています

                             マリア

あっこママ

October 15, 2019, 08:43 PM

自然の猛威、災害に遭われた方々 お見舞い申し上げます。私も地元ではありながらも、会場に到着するまでハラハラドキドキでした。開演ベルと同時にアリスコール!思いは一気に溢れ、大盛り上がりの水戸のコンサートでした。地元のとも達も、なんて素敵なコンサートなの!と、興奮冷めやらずでした。もちろん、私も完全燃焼!!! 県外からいらしてくださった友や、地元の友達と共に こんな素晴らしい時間を共有できましたことに感謝いたします。ありがとうございました。

タコヤキ

October 15, 2019, 04:05 PM

空さん
メッセージありがとうございます。たいへんななかの。

鈴音

October 15, 2019, 01:52 PM

谷村新司様
人って何もない時はそれが普通であったり当たり前に感じてしまい易い弱い面を持っていると思います。辛い経験をしたり特別な事があって、いつもと違う感慨に触れるもの。大きな台風被害を乗り越えて此処茨木県立文化センターで行われたコンサートも大きな大きな感動と感慨に溢れた特別なコンサートになりましたね。
大きな台風と被害を撥ね返し皆さんに勇気と元気を届けようと祈りの気持ちで決行されたアリスのお三人と、皆さんも亦、それに応えるようにアリスに思いを重ねながら爆発した一日ではなかったかと推察しています。共に同じ地球に日本に住み国難と思える非常時を経験し乗り越える為に色々な支えがあって良いと思うのです。アリスへの情熱は時に辛い出来事を撥ね返すエネルギーになると感じています。アリスやアリスの歌、また谷村さんの歌を一人一人の胸で大切に温めて、そして、それぞれの引き出しで上手に活用していけば、長くて短い人生の大きな力になるのではないかと思うのです。私がそうであるように・・。
アリスにはアリスの喜びと感動が、皆さんには皆さんの喜びと感動が。形は違えど共に一つのホールで味わった喜びと感動の未来は、より一層の絆で繋がる事です。それは、皆さんきっと確認できたことでしょう。
もはや言葉はいりません。強い強い気持ちと繋がる繋げる努力があれば・・。
埼玉と茨木でのコンサートは大変心配しましたが、心配には及びませんでしたね。やっぱりアリスです!そして、コンサートを願う皆さんの力でした。
茨木県立文化センターからお疲れ様でした。
どうぞゆっくりお身体を労わってくださいね。
ご報告をありがとうございました。
鈴音 拝

J&N

October 15, 2019, 10:46 AM

このたびの台風で被害を受けられた皆様にはお見舞い申し上げますと共に一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。
テレビ報道などでご存知の通り私達の住む茨城県は大きな被害を受けましたが、幸い私の住む地域は氾濫した河川から離れた場所であったため被害を免れました。
日本や中国のファンの皆様からお見舞いのメッセージをいただき、またタニコムを通じてメッセージをお寄せくださった皆様にはこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。
遠方から水戸のコンサートにお出でくださったファンの皆様、交通機関が乱れている中、道中不安もおありだったと思いますがお越しいただきまして本当にありがとうございました(感謝)
私達も皆さんのお顔を見られてとても嬉しく、無事に到着していただけたことに安心いたしました。
アリスやサンズバンドの皆さん、開催を決定してくれた実行委員やスタッフの皆様にも心より感謝申し上げます。コンサートの間は全てを忘れて弾けることが出来ました。
「勇気」と「元気」を与えてくれた谷村さん・ベーやん・キンちゃん、そしてサンズバンドとスタッフの皆さんありがとう!!(大感謝!!!!)
今回の茨城はいつもと違う雰囲気と緊張感の中でのコンサートでしたが、この記憶は忘れ難いものになるでしょう。アリスやファンのみなさんから「頑張れ!!」のエールをいただけて感謝の気持ちでいっぱいです。
感謝・・・(J&N)

October 15, 2019, 10:27 AM

残念ながらコンサートどころではありませんでした。
甚大な被害に立ち尽くしています。これから先、いつになるかわかりませんが心が落ち着いたら谷村さんの歌を聴きます。

KAZUKObyNAGOYA

October 15, 2019, 06:32 AM

チンペイさん・・・おはようございます♪ 熱い感動のおすそ分けをありがとうございます! 台風被害の拡大を伝えるニュース報道に辛くなるばかりの昨日・・・茨城での開催は大丈夫!?と心配でいっぱいでした(汗)会場に溢れたエネルギー・・・伝えてくださるチンペイさんの書き込みにうれしくて熱くなっています 良かったです! ホントに・・・良かった!ホッ!!!
一度毎の一期一会・・・それはホントに!を感じさせてくれる今年のアリスツアーに思えてなりません チンペイさん達が一曲ずつ大切に並べていくのをしっかりと感じていたい思いです♪ チンペイさん・・・台風との綱渡り、気持ちが張り詰めての二日間でしたね どうかしばらく緩めてくださいね! 今朝は気持ちよく晴れてます・・お布団干します(笑)きっとチンペイさんを優しく労ってくれる空ですね お疲れさまでした(笑顔)

リリー

October 15, 2019, 06:22 AM

谷村さん 水戸、とても楽しかったです♪
川の氾濫で大変な状況だったけど、
なんとか会場までたどり着くことができてホッとしました。
アリスの3人にまたパワーをもらって満足感でいっぱいです。
ありがとうございます。

祐青

October 15, 2019, 05:59 AM

この台風で、行けるのだろうかと、、、前々日と前日の会館のイベントは中止になっていて、水戸の近くの那珂川が氾濫危険水位に達していて避難指示が出ていたので、とにかく前の日は、那珂川の水位をネットでずっと見ていました。でも水位が下がるペースも早かったので、朝にはきっと大丈夫だろうと希望を持って寝ました。前日は水戸駅は封鎖されていましたが、当日は朝から常磐線は平常運転とのことで、ホッとしたけどまた雨の予報。早めに出発して昼過ぎには水戸に着きました。会場にいるのが一番安心なので、入り待ちして、何も見えない暗黒に手を振って(笑)レストランでご飯を食べて、、、開場時間を待っていました。開場して、知ってる人全員に声をかけて、出待ちに誘ってから、開演を迎えました。今日感じたことは、友達と言ったらそれは語弊があるけど、、、十代の頃から谷村さんを見てきてるし、、、、、私の中では、もう二度とできない幼馴染みです!(無理やり!?笑)でも、そんなに昔から見てきてる人って、親以外で谷村さんしかいないし、桑田さんだって二十代になってからなので、十代の思い出の中に谷村さんがいます。大人になることすら先のことだったので、まだ遠い存在で、遠い憧れであって、あの頃の空っぽの自分には、言葉のひとつひとつが感動的で重要でした。青山劇場は青春の思い出の場所です。そして今も変わらずに、歌を聴きに行けていることが、、、夢のようです。笑 今日は谷村さんの背中を見ていて、そのようなことを考えていました。いつまでも偉大で、大きな背中です。笑 久しぶりの出待ちも、乗るところから距離があったので、ペンライトを振って気づいてもらおう!って呼びかけて、準備していました。笑 水戸駅でいろんな人に出会ったけど、たぶん10年以上ぶりくらいにきんちゃんと少し話しました。当時もそんなに話した記憶はないのすが、「10年くらい前にアガサに行ったことあるんです」って言ったら、きんちゃんが、「このくらいだったでしょ?」って手を子供の背丈にやって、、、、、。いやいやいや、大人でした!笑。すみません。笑

フォーラムトップに戻る

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る