このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Photo Diary

写真日記

写真日記トップに戻る

旅先にて

 日々のこと

素敵な喫茶店がありました!懐かしい雰囲気の喫茶店がまだまだ残っていて、ちょっと嬉しい時間を過ごせました。レトロな空気感を感じて下さい[笑顔]

11 Comments

櫻守byhukui

June 28, 2019, 05:47 AM

谷村さんこんにちは、福井の櫻守です。レトロなコーヒーの美味しい喫茶店谷村さんは、どこで、こんな素敵な喫茶店を見っけたのでしょう。ステンドグラスも素敵だし、薔薇の花もわたしは、大好きです。とても情熱的な感じのする花だと思います。いくつになっても情熱は、変わっていったらいけないと思います。谷村さんは、この素敵な喫茶店で、幸せひと時を過ごせたのではないでしょうか。笑顔)♪♪♪

masako

June 26, 2019, 11:17 AM

ちんぺいさん
薔薇のステキな色と窓からの木漏れ日が
とてもグー!
ゆっくり、ゆったり
貴重な時間なんですかね?
コーヒーはアイスコーヒーですか?

R~

June 25, 2019, 05:05 PM

懐かしいレトロな中に身を置き頂く珈琲、贅沢な一時谷村さん(笑顔)ありがとう御座います。私はホットブラックで頂きます。ステンドグラスが落ち着いた大人の味を醸し出しますね素敵な喫茶店見つけられましたね谷村さん(笑顔)

KAZUKObyNAGOYA

June 25, 2019, 10:27 AM

薔薇の花に素敵な傘の灯り、外からの木漏れ日もお店に注がれて・・・それで十分の明るさの気がします♪ チンペイさん・・・お店の扉を開けたら吸い込まれるように だったかもしれませんね 旅先での素敵な出合い・・・うれしくなりますね(拍手)一杯の味わいも格別な♪ にぎやかなセルフ・・・便利かもしれませんが、少なくなってしまいましたねレトロ・・・こんなお店は残っていてほしいですね♪

ララメール

June 25, 2019, 05:38 AM

おはようございます(^^)
早くに目が覚めて タニコムをのぞいたら
なんてステキなフォト❣️
コーヒーも美味しいかったのでしょうネ(*^^*)

祐青

June 25, 2019, 01:09 AM

谷村さんはステキな喫茶店を見つける天才ですね、、、と思います。笑 旅先で見つけた喫茶店で思い出に残っているのは、青森の喫茶店かな、、、ザッハトルテが食べたくて行ったら、調度品から何から全部が素敵な感じで、大当たりでした。笑 また行ってみたいとずっと思っています。笑

幸福の木

June 24, 2019, 08:10 PM

まぁ~! 本当に素敵な喫茶店ですねぇ~(●^o^●)♡
ステンドグラスのライトと窓の外の木漏れ日が、本を読みながらフッと外を見た時に、目にもココロにも安らぎになりそうです (*^▽^*)♡
優しい空気感をありがとうございます!(●^o^●)♡

秋桜

June 24, 2019, 07:49 PM

素敵なフォト訪れてみたい喫茶店です(^-^)先日、仕事帰り、久しぶりにさぼうるに行ってみましたが、満席で諦めました(T_T)さぼうるの佇まいはやっぱりホッとします

李竹

June 24, 2019, 07:44 PM

ドラマを見ている時、公式サイトを開いてこの写真を見ました。谷村さんは日記を送っていると思います。(笑) 谷村さんが撮ったこの写真はとても綺麗です。レトロな雰囲気の中で、この赤いバラは美しくて、寂しくて誘惑します。劇中の人のように、私は涙を流しました。 とても美しいです!

奈良舵

June 24, 2019, 07:39 PM

ステンドグラスが何ともレトロ☆ 喫茶店発掘ですね~☆ ソファ席だったりして・・・o(^o^)o 私の予想はどうでしょう?

鈴音

June 24, 2019, 06:53 PM

谷村新司様
レトロ感一杯のアンティークのスタンドライトは、落ち着きと安定が感じられお洒落で素敵ですね。カラーで謂えばセピア色とでも云えるでしょうか。
レトロな喫茶店も私にとってはやっぱりセピア色。
鄙びた色のセピアと窓に射す眩しいばかりの木漏れ日の対比に、心は否応なしに掻き立てられます。
・・・・・・・・・・
ガラス越しの光は幾重にも反射して
梅雨空にひと時の木漏れ日が眩しい
あなたの瞳に映る光はあなたを少年のように輝かせる
あなたを映すこの光が好き・・
そして、この光を映すあなたの心が眩しい
・・・・・・・・・・
あらたふと青葉若葉の日の光(松尾芭蕉)
青葉若葉 谺(こだま)の中の滝一つ(田中冬子)
青葉映ゆ ステンドグラスの茶房にて(鈴音)
鈴音 拝

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る