このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Photo Diary

写真日記

写真日記トップに戻る

東京タワー

 日々のこと

梅雨の中、霧雨にけむる東京タワー、幻想的な雰囲気が漂っています。詩が浮かんできそうです(笑顔)

9 Comments

おり紙

July 24, 2019, 02:44 AM

美しいお写真ですね~! 霧雨の中なのですね~
谷村さんが思い描かれている詩の世界はどんなでしょう☆♪☆
また素敵な歌を聴かせて頂ける時を待っています☆☆☆

広島の谷村さん大好き

July 23, 2019, 12:34 PM

谷村新司様
 東京タワーの夜景、素敵ですね。初めて見たのは、高校の修学旅行の時だったと思います・・・時を感じますね。でも、来年の春も東京に行こうと、今から思っています。谷村さんの素敵な歌を聴くために!

祐青

July 22, 2019, 08:48 PM

東京タワーに初めてのぼったのは、小学生のころ、、、親に連れられて、夏休みだったと思いますが、宿題に東京タワーの絵を描いて提出した記憶があります。笑 子供の頃、社会勉強?で、母親が毎年都内のどこかに連れて行ってくれてたんですが、実家が都内だったので、そのついでに、、、今はもうない五島プラネタリウムとか、それである年に、こどもの城にも行ったわけです。千葉県と東京都内を、小さい頃から行ったり来たりしていたので、京葉線が出来る前は都営浅草線によく乗っていて、京成線から地下鉄に入ると、景色が見えないので、子供の退屈しのぎに駅の名前を覚えさせられて、この付近だと大門とか、三田とか思い出します。笑

KAZUKObyNAGOYA

July 22, 2019, 08:10 PM

雨の中、浮かび上がる東京タワー・・・何ともいい感じですね 今はこんな色・・・なのですね 見かけたままをお裾分け・・・ありがとうございます♪ PHOTOにしたくなりますね しばらく見ていたくなりますね(拍手)お天気の夜はまた違う表情ですよね こんな・・・この時だけかも知れませんね 雨もいいかも・・・に思えます とってもいい感じです(拍手)

李竹

July 22, 2019, 05:50 PM

詩的に浮かび上がった瞬間は、なんと素晴らしいことでしょう。現実を超えた瞬間です。私は谷村さんの歌を聴いていると、道を歩いていると詩的に感じられます。もちろん他の人の歌も聞きます。でも、その胸のときめきを経験するためには、谷村さんの話を聞かなければなりません。(笑)
一昨日は遅くて、歩道橋の上を一人で歩いていました。橋の下を通る車は少なくなりましたが、橋の上にはまだ少しの人が止まっています。誰かが軽音で話しています。橋の欄干にもたれています。谷村さんの歌を聞きながらそこに立っているのは、映画の画面に立っているような気持ちです。都会の夜、そう思います。
旅行の準備のために、まずプレーヤーに谷村さんの歌をたくさん貯めます。これらの歌を聞きながら、詩趣を探しに行きます。(笑颜)

幸福の木

July 22, 2019, 05:09 PM

まぁ~! 本当にキレイな東京タワーですねぇ~(*´▽`*)♡
こんなに美しいタワーにお目にかかれるならば、霧雨に(人''▽`)ありがとう☆と、伝えたくなりました(*^^*)
谷村さん、新しい曲が出来るといいですネ (^_-)-☆

鈴音

July 22, 2019, 04:07 PM

谷村新司様
遥か天蓋からの闇に染まる東京の街。初更の頃と思われる東京タワー周辺は霧雨が靄になって灯りを包んでいますね。
視界に飛び込む暗黒の静寂と生命力を表す眩いばかりの灯り。
ライトが齎す静寂の中のざわめきは、此処だけ暗黒から紫黒に変え、歴史あるタワーの威厳を鼓舞しているかのようです。
静寂と相反する生命の営みを思わせるこの景色に、詩心を掻き立てられるなんて、やはり、谷村さんはなんて発想力豊かでお洒落でロマンチックな方なのでしょう・・。
飾り気のない素直さと正直さで素敵な詩が出来ると良いですね。
きっと素敵な言葉が並んだ優しい詩ができることでしょう。
様々を想わせてくれる素敵なお写真をありがとうございます。
鈴音 拝

R~

July 22, 2019, 03:28 PM

東京の街の明かりに心寄せる大人の思いでしょうか。未来の夢と希望を東京タワーにたとえた光でしょうか。2020年耀く東京の街に集う心、待っているかのような静かな色と光、谷村さん(笑顔)願って待ちたいですね平和の宴をo(^-^)o

秋桜

July 22, 2019, 03:19 PM

谷村さん、東京タワーは私が転勤で大阪から初めて上京した新幹線の車窓から見た時を思い出します❗️なぜか切なくなります!

All content © Dao Inc. Produced by RYNAPSE

このページのトップへ戻る