このページのトップ

Select Language
日本語
中文简体

ホームに戻る

Forum

フォーラム

フォーラムトップに戻る

ユーザー投稿  十三夜

Posted on  by 北のすずらん / 3 Comments

“明日は「七五三」。かわいい紳士、淑女の姿をあちこちで見られそうですね”とのマスターの言葉で始まった今日の純喫茶は「十三夜」です。
“なんで七五三なんだって考えた事あります?なんで864じゃ駄目なのかって” (あ~なんで奇数の方が?まったくわからないです。)
“しかも七五三は男と女の子でお祝いするのが違うんです。男の子は五歳の時だけが。女の子は三歳と七歳が七五三。奇数日にこういう事をするのはちゃんと理由があるんですよ。偶数ではない” (え~何でだろう?)
ここでマスターがこういった時に一回調べてみようという人と、まっいいかという人とだいたい二通りに分かれるんですね。まっいいかという人は多分七五三の意味は永遠に分からないまま。でもちょっと調べてみようという人は「あれっ」という事に気づき始める可能性がある。数字にはちゃんと意味がありますよと”
(え~っつ?)
今日ね「十三夜」を聞いてもらうんですけど十五夜は満月でしょ。なんで十三夜なんですか?12夜とか八夜とか” (いわないですよね。)
“もちろん意味があって十三夜になってる。七五三も一緒。7・5・3を足すといくつですか?” (15ですね)
“はい、それが十五夜の満月ですね。そういう事をふっと考えると、あれっと。この国に僕らが伝えられてきてる文化の奥には裏側にすごく深い意味がちゃんとあるって事がだんだん分かってくると思うんですね。そんな事を感じながら十五夜の前の「十三夜」を聞いて頂きたいと思います。”
曲の後で… 
“ちょっと懐かしい風景が皆さんの中で浮かんだかもしれませんね。それは七五三のあの頃の風景かもわかりませんよ。”


純喫茶おたくとしてはやはり調べないわけにいかないか…と思い、前回に引き続きちょっとだけネットで検索してみましたが…。普通の意味だけでしたらすぐ判明しますがやっぱり奥が深そう…奇数は縁起のよい数字として子供の成長を祝う節目になってるようですが、さらに深い意味は7・5・3は魔方陣といって九星気学や数秘術と関係するようです。
やっぱり「とおりゃんせ」の歌も関係ありそう。
より詳しく調べてみた方がいましたらフォーラムで謎解きしてみませんか。
私の七五三の思い出はとにかく千歳飴がおいしくてそれが楽しみだった事かな?(うう、いやしいな~)
昨夜は満月が輝いてました。この曲を聴くとなぜかシルクロードをイメージします。はるか昔にシルクロードを渡って遠い国から故郷を追われて日本にやってきた民族も、きっと月明かりを頼りに旅してきたのでしょうね。

3 Comments

北のすずらん

November 17, 2008, 10:18 PM

chikoさん、ひまわりさん返信ありがとうございます。
私も今日やっとアクセスできたので今頃の返信です。純喫茶でマスターがちょこちょことお話される謎々話しを総合整理するとあっと驚く結論が待っているかも?マスターの発表される小説がきっとヒントになるはずと期待してるんです。なにせ2年前から「神々の指紋」という本を買っていても、いまだ読んでいない私には、荷が重過ぎて…。誰か怠け者の私に手っ取り早く結論だけ教えてくれないでしょうか。

ひまわり

November 17, 2008, 09:48 AM

北のすずらんさん、皆様おはようございます。七五三の解説まで付けて頂いての純金レポ、アリガトウございました!「十三夜」CDの発売日が待ち遠しいですね♪一度だけ聴かせて頂きましたが胸の中の懐かしい情景を思い起こしてくれる、、、そんな曲だと感じました。早くじっくりと聴きたいです!!
七五三といえば、私は子供が二人とも女の子ですので、手作り(?)七五三をしたくて髪のセット、着物の着付けを頑張って自分でしたことを思い出しました。今考えると美容師でもないのになんと無謀な、とわれながら呆れていますが。自分のことは、あまりにも昔のことなので、、、(笑)
北のすずらんさん、私は現在埼玉県に住んでおりますが鎌倉のお隣の横浜市で生まれ育ちました。「きざはし」というお菓子を知ったのはマスターの「階」を聴いた後ですがお菓子はもう少し前からあったように記憶しているのですが、違っていたらゴメンナサイ!京都の生八橋とわらびもちを足して2で割ったような感じのお菓子です。
このところフォーラムへのアクセスが悪くてなかなかたどりつけませんで、いまごろの返信です。ありがとうございました!!

chiko

November 15, 2008, 09:34 PM

北のすずらんさん、こんばんわ。神奈川のchikoです。
ずっと、フォーラムに来られなくて、返信が遅くなりました。
今週も純金レポ、ありがとうございます!
私はまだ、”十三夜”を聴いた事がないので、早く、聴く機会があるといいなと思っています。”ぶらり途中下車の旅”では、もう、流れているのでしょうね。
七五三の深い意味・・・、あまり、考えた事、ありませんでした。家は、二人とも、男の子なので、それぞれ、5歳のときに着物を着せて、家族写真を撮りました。
次男は、小さかったので、5歳でも、3歳用の着物で間に合った事をよく、おぼえています。
長男は、緊張する子で、写真もぎゅっと口を結んで、固い表情で写っていますね。
何だか、昔の事を思い出してしまいました。
私自身の七五三は、7歳の時に、従姉妹の着物を借りて、従姉妹のうちの前で、写真をとっただけです。
でも、なぜ、3歳、5歳、7歳なのか・・、不思議ですね。
色々、調べてみると、面白いかもしれませんね。
我が家の猫たちは、だいぶ、慣れてきてくれましたが、まだまだ、宇宙人のような目をして、私をじっと見つめています。とても、かわいいですよ!
北のすずらんさん、ありがとうございました。
寒くなってきます。お互い、風邪には気をつけましょうね。
谷村さん、皆様、お休みなさい。

フォーラムトップに戻る

All content © Dao Inc.

このページのトップへ戻る